転職

営業職からの転職先におすすめの職種4選|探し方のコツも解説!

営業職からほかの職種への転職先って何がいいんだろう。。

営業職から新たな職種へ転職を考えているあなたは、そのような悩みがありませんか?

私は営業職で5年の経験がありますが、営業職を担当していた頃はノルマ達成のプレッシャーから他の職種へ転職できないかものかとよく悩んでいました。

どちらの転職先に行こうと、営業職の経験は必ず生きてきます。
前向きに行動してあなたに合う転職先を探していきましょう。

この記事では以下の内容について解説いたします。

  • 営業職からの転職先におすすめの職種
  • 目的別による転職先の探し方
営業職から他の職種へ異動経験がある私が、自身の経験をもとに探し方のコツもお話ししますのでどうぞご参考になさってください。

【営業職から転職】おすすめの転職先


営業職の経験があるあなたは、お客様目線で仕事ができる、数字を意識して仕事ができる、色々な部署と連携することができる等、仕事をしていく上で重要な能力が備わっているのでどの職種でも活躍できるチャンスがあります。

特におすすめの職種を紹介していきます。

事務職

事務職は会社の規模、業種によって業務内容が様々です。
中小企業であれば、電話応対や来客対応、伝票処理、備品管理、書類作成・・・細かい仕事まで多岐に渡る場合があります。

私は営業職を経験した後、総務で事務的な業務を担当しました。
その時、仕事内容は全く別物だと感じました。

営業職は注文を取ってくるのが仕事ですが、事務職は数多くの業務を効率良くこなすのが仕事です。
それぞれ大変さがありますが、営業職のような精神的プレッシャーは事務職にはありません。

もちろん人間関係でのストレス、膨大な仕事量をこなさなければならないストレスなど色々とあります。
ですが営業職の経験でメンタルを鍛えてきたあなたにとっては、このような逆境も乗り越えられます。

またあなたが営業職でお客様の所に出向いた際、ワード、エクセル、パワーポイント等で資料を作成し説明していたかと思います。
お客様目線の資料を作成しプレゼンしてきたその経験が事務職でも活かされるはずです。

あなたがまだワード、エクセル等のOffice製品の扱いに習熟していない場合は、事務職への転職前にMOSの資格を取っておくと有利になります。
詳しくは以下の記事をご参考になさってください。

事務の資格にMOSが必要な理由や取得後のキャリアプランを解説「事務職に就きたいんだけど、MOSの資格って持ってる方がいいのかな?」 事務職を検討しているあなたは、そんな疑問をお持ちではないでしょ...

経理職

経理職は会社のお金の流れを記録し管理する仕事です。
営業職で売上ノルマと闘ってきたあなたにとっては、数字にシビアな面が活かされます

経理職は1円の間違いも許されません。
プレッシャーの大きい仕事ではないかと思われますが、私は営業職のノルマ達成しなければならないプレッシャーの方が断然大きかったです。

経理職は知識と経験が必要になりますが、簿記3級の資格を取得すれば仕事の理解度が高まります。
社会人で仕事をしながら取得した私の経験をまとめてありますので、合わせて参考にしてください。

簿記3級を取得する方法3つとその後のキャリアプランを徹底解説!あなたは簿記に対してどのような印象を持たれていますか? 簿記は簡単に言うと会社の入ってくるお金と、出ていくお金を記録して管理していくた...

また簿記3級を通信講座で勉強したい場合は、以下の通信講座の口コミの記事をご覧になってみて下さい。

簿記3級の通信講座3選|口コミを検証し徹底比較!安ければいい?簿記3級の通信講座はたくさんあるので選ぶのに迷いますよね。今回は、人気のある講座の中から、クレアール、スタディング、ユーキャンの3つを選び、口コミを検証し解説します!そして、それぞれの特徴を徹底比較しましたので選ぶ際の参考にして下さいね。...

企画・マーケティング職

企画・マーケティング職は、市場調査で消費者のニーズを探り、商品企画をする人気の職種です。
営業職の経験では、お客様からこんな商品があったら良いなという生の声を聞いてきたはずです。

私がメーカーで営業職をしていた時に、お客様の細かな要望を聞き出し社内のマーケティング部門にフィードバックしましたがスピードと対応力が鈍く、競合に負けてしまったことがありました。
営業職を経験してきたあなたも、きっと同じようなつらい経験をしたことがあるのではないでしょうか。

ところで営業職は自社の商品を売ることが仕事です。
それに対し企画・マーケティング職は、売れる商品を企画し売るための仕組みを作るのが仕事です。

つまりは営業職と企画・マーケティング職は表裏一体であり、密接な関りがあるのです。
ですから企画・マーケティング力は、営業職を経験してきたあなただからこそ生きてくるのです。

企画・マーケティング職は営業職からの転職先として私が最もおすすめしたい職種です。

なおマーケターに向いてる人について、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさってください。

Webマーケティングに向いてる人とは?【適職診断5つの項目】未経験者でも挑戦しやすい人気の職種、Webマーケティング。 マーケティングには華やかなイメージがありますよね。 しかし仕事の現場...

IT業界

何と言っても今一番需要があるのは、IT関係のお仕事です。

未経験からでも一番入り易いのは、IT系のヘルプデスクでしょう。
PCやソフトなどのトラブルについて操作案内をするお仕事です。

お仕事は大きく2つに分けられます。
自社製品を購入したユーザーの照会応答をする社外ヘルプデスクと社内インフラのトラブル解決を行う社内ヘルプデスクです。

社外ヘルプデスクはマニュアルがしっかりしているので未経験でも働きやすい職種です。

またIT系と言うとあなたはシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)などのエンジニアを思い浮かべるかもしれませんね。
ヘルプデスクを足掛かりにさらにキャリアアップをするとエンジニアのフェーズとなります

需要に対してそれらの職種の供給が圧倒的に足りていないので、スキルを身に着ければ大きく稼げる職種でありやる気さえあれば挑戦すべき職種です。

営業職で培ってきた根性があればSEやPGなどのエンジニアへの転職も果たせるはずです。
営業職は実績を出せば給料も増えることが多いですよね。

エンジニアもスキルを買ってくれる企業への転職で大きく収入を伸ばすことが可能です。
どちらも大きな収入を得られる可能性があるエンジニアと営業職は相通じるものがあります

なおヘルプデスクへの転職については、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさってください。

未経験からヘルプデスクで働くには?【ヒント:社外ヘルプデスク】ヘルプデスク未経験のあなたは、ヘルプデスクという仕事が自分にできるかどうか不安に思っているかもしれませんね。 ですが、ヘルプデスクは未...

営業職からの転職先の探し方【目的別】


転職先の探し方は主に3パターンあります。
あなたの目的によって、手段を選び転職活動することが効率的です。

あなたはどのパターンに当てはまりますか?

事務・経理なら派遣で探す

事務・経理に転職するなら、正社員の募集が少ないので派遣社員から経験を積むことが近道です。
あなたの働きぶりが良く派遣先の評価が高けければ、正社員への登用も十分に可能です。

派遣会社に登録してあなたの希望を派遣会社に伝え、比較検討しながら進めていくことをおすすめします。

ITやマーケティング職なら未経験OKの転職エージェント

転職エージェントを利用する場合は、どうしても経験している営業職を紹介されがちです。
なぜならエージェントも即戦力としてアピールできるため、採用されやすいからです。

IT系やマーケティング職に関しては求人の需要が高く、また営業職経験者のコミュニケーション力が求められています

転職エージェントは、あなたのコミュニケーション能力を的確に企業にアピールしてくれますので、敷居が高そうな未経験職種への転職活動にも心強い存在です。

IT系のヘルプデスクなどは特に未経験からでも十分チャンスがありますので、転職エージェントに登録して進めていくと良いでしょう。

担当アドバイザーと気が合わなかったり、希望転職先がないことも考えられるので、1社だけでなく2~3社ほど選ぶと良いです。

なお転職エージェントについて、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさって下さい。

転職エージェントおすすめ14選|選び方は超シンプルです!数えきれないほどある転職エージェント。どこを利用したらよいか迷いますよね。今回は大手3社、女性向け、第二新卒・既卒、フリーター・ニート、エグゼクティブ、年代などに分け、おすすめの転職エージェントを14社ご紹介します。ぜひ希望に合う職場探しに役立てて下さい。...

急がず幅広く探すなら転職サイト

あなたが転職を急いでいなければ、転職サイトに登録して良い求人が出たら応募するスタンスが良いでしょう。
またスカウトメールに登録しておけば、思いもよらない業界から案内がくるかもしれません。

ただ注意した方が良い点は、あなたがなぜ転職をしたいか明確にしておくことが重要です。
転職サイトでは自分のペースで活動しますので、目的が曖昧だと間違った方向にいってしまい、現状より悪い環境に飛び込んでしまう可能性があります。

私はこの失敗に気付かず、転職を繰り返した苦い経験があります。
あなたのキャリアプランが明確になっていない場合は、転職サイトだけでなく転職エージェントと並行して転職活動されることをお勧めします。

なぜなら転職エージェントでは、プロのキャリアコンサルタントがあなたのことを常に客観視してアドバイスしてくれるので、自分を見失うことがなくなるからです。

転職サイトは以下の大手サイトをチェックすれば大丈夫です。

  • はたらいく ※リクルート社が運営。地域密着型の中小企業が多く採用までが早い
  • リクナビNEXT ※大企業・中堅企業が多く自分のスキルを活かしてキャリアアップを目指せる
  • とらばーゆ ※リクルート社が運営している女性のための超有名な転職サイト

営業職からの転職先まとめ

営業職の経験があるあなたなら、そのコミュニケーション能力を生かして未経験の職種でも転職するチャンスが十分にあります。
重要なポイントを以下にまとめますので、もう一度確認していきましょう。

営業職 転職先 まとめ
  1. おすすめの転職先
    • 【事務職】営業職で客先に提出していた資料作成能力が活かされる
    • 【経理職】営業職で数字にシビアだった点が活かされるが、簿記3級の取得は必須
    • 【企画・マーケティング職】商品を売る仕組みを作る仕事なので、顧客のニーズを良く知る営業職の経験が活きる
    • 【IT業界】最も入り易いのはヘルプデスク。SE、PG等のエンジニアなら大きく稼げるようになる可能性がある
  2. 転職先の探し方
    • 事務・経理なら派遣
    • ITやマーケティング職なら未経験OKの転職エージェントで探す
    • 急がず幅広く探すなら転職サイト
      • はたらいく ※リクルート社が運営。地域密着型の中小企業が多く採用までが早い
      • リクナビNEXT ※大企業・中堅企業が多く自分のスキルを活かしてキャリアアップを目指せる
      • とらばーゆ ※リクルート社が運営している女性のための超有名な転職サイト

営業職の厳しい環境で経験してきたことは、必ず転職先で活かされます。

私は営業職で数々の失敗を経験してきましたが、厳しい環境で学んだことは他の職種で活かされ成果を上げることができました。
新たな環境で成功させるチャンスが待っていますので、前向きに取り組んでいきましょう。

なお未経験からシステムエンジニア(SE)に転職する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさってください。

未経験でSEに転職する方法の完全マップ【IT知識ゼロからの挑戦】IT社会といわれる昨今、システムエンジニアへの転職を考える人が増えています。 そんな悩みをもつあなたのために、この記事では...
ABOUT ME
pronew_97
pronew_97
会社員で営業5年、総務経理7年、生産管理6年の経験をしています。 転職経験も多数あり、様々な社会人経験から仕事のあるべき姿を記事にしていきます。好きな言葉は「ピンチはチャンス」、逆境の時ほど自分自身が成長できる良い機会だと考えています。 趣味はマラソンとスポーツ観戦です。
おすすめの記事