仕事の種類

プログラマーがやりがいを感じる瞬間5選【プロとしてのプライド】

やりがい

「プログラマーって大変そう。」
「プログラマーは残業が多いって聞くけど、本当?」
「休日出勤が多くて、辛そう。」
IT未経験者からよくこんな声を聞きます。

実際、そうです。
急な仕様変更や納品間近になると、残業や休日出勤が多くなり、身体的にも精神的にも負担がかかります。

では、なぜ続けられるのでしょうか。
それは、プログラマーならではのやりがいを感じているからなんです!

私のプロとしてのプライドは、この「やりがい」が支えてくれています。
今回はプログラマーなら誰もが感じるであろう、やりがいを感じる瞬間を5つご紹介します。

プログラマーは人の役に立つというやりがいを感じられる【大前提】

プログラマーのやりがい

あなたの身の回りには、様々なソフトやシステムがあります。
例えば、あなたのスマホにインストールされているアプリや、ATMがそうです。
それらをプログラミング言語を使用して開発するのがプログラマーです。

プログラマーの仕事内容は、システムエンジニアが作成した仕様書を元にプログラミングします。
また、開発したソフトのテストを行うのも仕事です。
人が使う以上、システムが落ちてしまう状況は絶対にあってはいけません。
どんなときも動くシステムを開発することがプログラマーの責務なのです。

プログラマーの仕事は大変ですが、それ以上にやりがいがあります。
それは、自分が携わったシステムが世の中の役に立つことです。
システムを開発するということは、誰かがそのシステムを必要としているからなんです。

開発したシステムがリリースされ、人のために役立っている。
プログラマーにとって、これ以上に嬉しいことはありません。
なので、大前提としてプログラマーはやりがいのある仕事なんです。

次項では、プログラマーがやりがいを感じる瞬間をご紹介していきます。

プログラマーがやりがいを感じる瞬間5選

プログラマーがやりがいを感じる瞬間

プログラマーとして働いている私が、やりがいを感じる瞬間は下記のとおりです。

  • 作ったプログラムが実行されるのを見たとき
  • 自分の作りたいものを作ったとき
  • シンプルなコードを書けたとき
  • 自分の考えをコードという形で表わせたとき
  • デバッグできたとき

では、一つずつ紹介していきますね。

作ったプログラムが実行されるのを見たとき

一番やりがいを感じるのは、作ったものが実行されるのを見た瞬間です。

自分が作ったプログラムが実際に動くの見たときは、えも言われぬ達成感があります。
私自身も、初めて作ったシューティングゲームが動くのを見たときは、ものすごい達成感がありました。
それを言葉で表現してと言われてもできないほどです。

その達成感を一度味わったからこそ、私は今でもプログラミングを続けられてるんだと思います。

自分の作りたいものを作ったとき

自分が作りたいものを作りあげたとき、やりがいを感じます。

こんなものを作ってみたい!
ものづくりにおいて、その想いは大事です!

ものづくりは大変です。
プログラムがなかなか思い通りに動かないとイライラします。
それがずっと続くと、途中でやめたくなるほど辛いです。

私も、初めてシューティングゲームを作ったとき、思い通りに動かなったときは辛かったですね。
途中でやめようと思ったときもあります。
ですが、最後まで作ることができました。

「友達にプレイしてもらいたい!」
「きちんと動くところを見たい!」
そういった想いがあったからこそ、完成させることができました。

シンプルなコードを書けたとき

次にシンプルなコードを書けたとき、やりがいを感じます。

開発するシステムが大きくなるほど、それだけコーディングする量が多くなります。
そうなると、どんな処理をしているのかを理解するのに時間がかかるものです。

その処理が複雑なコードで書かれていた場合、どうでしょう。
さらに、時間がかかります。

なので、いかにシンプルに書くか
誰が見てもすぐに理解できるコードを書くのが、プログラマーの見せ所です。

自分の考えをコードという形で表わせたとき

どんなコードを書くのかを考え、それを形にできたとき、やりがいを感じます。

機能一つ実装するとき、プログラマーは様々なことを考えなければなりません。
例えば、どのような処理なのか。
どんなエラー対処をすべきか。
どんなメソッドを書くべきか。
既存のものが使えないか。

プログラムは動けばいいというものではありません。
人が使う以上、想定しうるエラーに対処できるプログラムを書くべきなのです。

色々考えるのは大変です。
しかし、自分の考えをコードという形で表し、一つずつ実現していくのは楽しくてしかたありません。

デバッグできたとき

デバッグできたとき、達成感を感じます。

コーディングしていると、必ずどこかでバグが出ます
すぐに修正できればいいんですが、たいていの場合時間がかかることが多いです。

原因がすぐに特定出来ないので、ものすごくイライラするんですよね。
ですが、やっとの想いでデバッグできたとき、達成感が出てきます。

何より自分のプログラムがリリースされ、誰かの役に立つと思えば嬉しく感じるものです。

「プログラマーのやりがい」まとめ

以下にプログラマーがやりがいを感じる瞬間をまとめました。
あなたもプログラマーのやりがいを感じて、充実したお仕事の時間を過ごしてくださいね。

プログラマーがやりがいを感じる瞬間5選
  1. 作ったプログラムが実行されるのを見たとき
    • 作ったプログラムの動作を見たとき、達成感がある
    • 達成感を一度味わえば、プログラミングを続けられる
  2. 自分の作りたいものを作ったとき
    • ものづくりにおいて、「作りたい」という想いは大事
    • 「作りたい!」と思ってしまえば、最後までやりきれる
  3. シンプルなコードを書けたとき
    • 開発するシステムが大きいほど、コーディング量は多くなる
    • いかにシンプルに書けるかがプログラマーの見せ所
  4. 自分の考えをコードという形で表わせたとき
    • プログラマーは、どんな状況でも動くプログラムを書かなければならない
    • 自分の考えをコードという形で表現するのは楽しい
  5. デバッグできたとき
    • やっとの想いでデバッグできたとき、達成感を得られる
    • 自分のプログラムが誰かの役に立つと考えると、嬉しく思う

システムが動く」コードを書くことが、プログラマーの仕事ではありません。
どんな状況でも動く」コードを書くことが、プログラマーの仕事なのです。

「動けばいい」という考えで書いたプログラムは、多くのバグを生み出します
さらに、誰かの役に立たないものであり、感謝もされません。
そのため、プログラマーとしてやりがいを感じることができないのです。

私自身、一時期こういう考えを持っていたため、上司に批判されました。
その上、やる気をなくし、プログラマーとしてやっていける自信をなくしたんですよね。

しかし、考えを改め、真摯にプログラミングに取り組むことで、もう一度やりがいを感じることができました。
そして、誰かの役に立つことができ、再びプログラミングは楽しいと思えるようになったんです。

あなたも是非、プログラマーのやりがいを感じてくださいね。
なおプログラミングの勉強法については、以下の記事を参考にして下さい。

初心者がプログラミングを勉強する4ステップと鉄板の勉強法8選!「プログラミングができるようになりたい。でも、自分にできるだろうか?挫折しないだろうか?」 そう思っているあなた。 確かにプログラミ...
ABOUT ME
yuki.ooki
yuki.ooki
ITエンジニアをやっています。性格は、真面目だとよく言われます。大学で学んだ言語はC、C#、C++、Javaです。現在はHTML、CSS、JavaScriptに取り組んでいます。趣味はゲーム、プログラミングです。
おすすめの記事