勉強

テックキャンプの評判|失敗した人の口コミから見えた真実とは?

プログラミングスクールのテックキャンプは、短期集中方式でITエンジニア転職を成功させるスクールです。

マコなり社長」が運営するスクールとしても有名ですね。
果たしてテックキャンプとはどんなスクールなのか?

テックキャンプは月々35,000円で転職成功率が99%なんだって!

続けられるかしら?
途中でやめちゃったら、もったいないし。。

  • 受講した人の評価は?
  • どんな人に向いているか、向いていないのか?
  • 良い評判・悪い評判の裏に隠れた真実とは?

そんな疑問に答えるべく、テックキャンプの評判を徹底検証して解説します。
とくに、失敗した人の口コミを検証することで、テックキャンプの真実が見えてきました。
この記事をお読みになると、以下のことが理解できます。

  • テックキャンプの特徴の評判
  • 「テックキャンプ エンジニア転職」の評判
  • 受講した人・途中でやめた人の評判
  • テックキャンプの向き不向き
  • 概要・料金
現役フリーランスエンジニアの私が、たくさんのテックキャンプの評判から、独自の視点で分析しました。

テックキャンプでは「無料カウンセリング」を受けて受講申込をすると、受講料が割引されるなどの『キャンペーン』が行われていることがあります。
詳細は、テックキャンプの公式サイトでご確認ください。

公式サイト:https://tech-camp.in/

テックキャンプの特徴の評判

テックキャンプはほかのスクールと比べて、どのような特徴があるスクールなのかご紹介します。

自習・通学型(オンライン対応可)

基本的には学習教材で自習し、教室に通学してメンターに質問できるスタイルになります。

現在はコロナ禍の影響により、常時オンラインでの質問が可能です。

基本的には自習で進めるスタイルです。
この方はカリキュラムを進めるだけでなく、自ら繰り返しの学習をしているようですね。

分からないことはメンターに聞きながら進められますが、何より身に付けることが目的です。
繰り返しの学習は必要ですね。

実務さながらのアプリ開発実習

カリキュラムの中に、フリマアプリを個人開発する期間があります。
企画、設計、実装、リリースの、開発フローはすべてあなただけで進めます。

この間、メンターのサポートは受けられますが、手厚いものではありません。
自分で課題解決をしていく力を養う期間です。

この方のツイートの動画は、この方が作成したアプリの様子です。
出来上がりを見ても、このままサービスとして利用できそうな完成度ですね。
短期間の学習でここまで制作できるスキルが養えるということが分かります。

30代以上でも転職実績あり

「テックキャンプ エンジニア転職」の成功実績を抜粋してみました。

  • 転職支援対象者の99%が転職に成功
  • 未経験者の転職成功実績1000件以上
  • 完全未経験・30歳以上の方でもエンジニアへのキャリアチェンジに成功している

Q. 30代未経験でもサービスを利用することはできますか?

はい、可能です。確かに30歳を超えると未経験からの転職のハードルは上がるため、他のスクールでは受け入れをしていません。テックキャンプは教育力に自信があるため30歳を超えた方でも受け入れを行っています。

(引用:テックキャンプ 公式サイト)

公式サイトにも記載があるように、30歳以上でも転職成功実績があるというのは、特にテックキャンプの自信の表れですね。

他のスクールでは、30歳以上の方は入学ができないケースもあるくらいです。
テックキャンプの紹介先が潤沢であることが分かります。

この方は30代ですが実際にテックキャンプを受講されています。
テックキャンプは30代でも転職に成功できるからこそ、受講できるのですね。

しかし、カウンセリングでは30歳以上の方にはそれなりに厳しい現実が言い渡されるとのこと。
入学を拒否されるようなことありませんが、転職の成功率や、返金保証が付かないなど、20代の方よりは良い条件とは言えないでしょう。

返金保証

この保障制度はとっても助かります。
なにせ、「受講開始後14日間は、無条件に返金保証」されるのです。

学習コンテンツを見て、自分に合わないとか、レベル感が違ったときは、全額返金されるのです。
「ちょっと試しに見てみよう」ができるのはすごくありがたいですね。

転職できなかった場合でも、一定の条件を満たすことで返金されます。

返金条件抜粋
  • 指定期間内に学習カリキュラムを修了していること
  • テックキャンプが提供するキャリアサポートで紹介された企業に就職、転職できなかった
  • テックキャンプが提供する就職活動向けセミナーに無断欠席していないこと

要は、真面目にしっかりと学習時間をとって、やるべきことをやっていれば、しっかりと転職をサポートしますよ、ということです。

テックキャンプは、スクールであるとともに人材紹介業で利益を得る企業です。
提供する学習コンテンツを修了できる人材ならば、テックキャンプはきっと良い転職をさせてくれるでしょう。

卒業後の継続的な支援

学習カリキュラムを終え、テックキャンプで転職に成功した後も、テックキャンプのサポートが受けられるのです。

卒業後、半年、1年、3年経過後に、カウンセリングを無償で受けられます。

受講が終わっても、入社して3年目までキャリアをサポート
テックキャンプなら入社後、半年、1年、3年のタイミングでキャリアカウンセリングを無償で実施します。
不安に感じている点や新しい挑戦に悩んでいることなど、あらゆることをご相談ください。

(引用:テックキャンプ 公式サイト)

実際に仕事に就いたはいいけど、思うように仕事ができないこともあるでしょう。

テックキャンプとしても、卒業生の品質の高さを維持することは、人材紹介業としての品質につながります。
紹介先企業で卒業生が思うように仕事ができていないと、紹介先企業も離れてしまいます。

こうして、テックキャンプのキャリアサポートは、利用者とWin-Winの関係が成り立つのです。

\\ 返金保証アリ! //

テックキャンプ 公式サイトを見る

テックキャンプの評判

実際に利用したことがある方々は、テックキャンプをどのように評価しているのでしょうか。
利用者の生の声を見てみましょう。

失敗した人の評判

まずは、テックキャンプを受けたけど、良くなかった、失敗だったと評価している方々の口コミからご紹介します。

せっかく入学したものの、退会をする方も一定数いらっしゃいます。
これが現実であり、真実というものでしょう。

学習期間が、仕事や大きなライフイベントと重なり、学習に時間がさけなかったとのこと。

学習するための時間や環境づくりの大切さがわかります。
受講するタイミングを誤ると、退会の憂き目を見ないとも限りません。

短期集中なので、詰込み学習になるのは仕方ないところかもしれません。
テストに合格できなかった場合は、必然的に学習期間が延長されてしまう。

結果追加料金が発生するというのも注意したい点ですね。
受講期間は決まっていますよ。
追加料金を払って延長するという考えは排除しておきたいものです。

就職できたものの、サービスには満足されなかったようですね。
メンターにオンラインで質問したけど、30分つながらないということもあるそうです。

就職を成功するためには、個人でアプリを制作した経験がないと厳しいとのこと。
しかし、個人でのアプリ制作は、カリキュラム以外で制作した経験のことで、当然メンターの支援が受けられません。

転職を成功させるためには、カリキュラムを修了するだけでなく、個人での努力が必要です。

短期集中で学習し、転職できるレベルに達するためには、ほとんどの時間を学習に費やすことです。

少ない時間で成果を得るためには、しっかりと時間を確保することが必要です。

注意したい評判

受講した方、受講を検討された方の声から注意したいことが見えてきます。

学習カリキュラムの中で、メンターによる進捗確認が行われます。要はテストです。
不合格をもらうこともあるでしょう。

途中で脱落する方もいます。

途中退会した場合や学習コンテンツを利用することはできません。
卒業した場合は、卒業後でも閲覧可能です。

仕事をしながらの学習はやはり大変です。
仕事だけでもヘトヘトなのに、学習に集中する時間を取らなければならないのです。

休職して臨んでいる方も、やはり大変な思いをしているようです。
学習カリキュラムを修了するためには、たくさん時間を使う必要がありそうです。

学習カリキュラムだけでなく、別の学習も併用していかないと、理解できないとのこと。
全くの未経験ならば、事前学習しておいたほうがよさそうです。

こちらは、テックキャンプ卒業生を採用しようとした企業側のご意見です。
短期集中の学習カリキュラムを修了したからと言って、即戦力と評価されるばかりではありません。

学習カリキュラム修了が即戦力とはならないという現実があります。

転職活動をより理想的に成功させるためには、個人的にアプリ制作をするなど、ポートフォリオを用意する必要もあります。

良い評判

「テックキャンプ エンジニア転職」を利用してよかった、成功したという方の意見を見てみましょう。

転職に成功した喜びの声です。
努力はいずれ報われます。

独学で挫折したものの、テックキャンプでは挫折せずに修了できたとのこと。
また、テックキャンプの学習カリキュラムが楽しめたとのことです。

教材が分かりやすいという意見です。
前述には、教材が良くないという意見もありましたが、全く反対意見です。

その裏には、別教材で自己学習していることが関係しているのでしょう。

テックキャンプに良い評価をしている方は、一様に「別教材で自己学習している」ことが分かります。

本当に未経験で、テックキャンプの学習カリキュラムだけで転職しようとすると、失敗してしまうことがわかります。

公式サイト:https://tech-camp.in/

テックキャンプの気になる評判を徹底検証

ここまで見てきた評判から、テックキャンプを利用する上での注意点や、テックキャンプのオススメポイントをご紹介します。

教材は高品質でも高い難易度

良い評判からは、教材の品質が高いことがうかがえる反面、他の教材のほうが分かりやすいという意見もあります。

実は教材が分かりやすいという方は皆さん、別の教材を併用していますね。
全くの未経験ですと、テックキャンプが提供する教材だけでは難しいようです。

ただでさえ忙しいスケジュールですが、事前に学習しないと、カリキュラムを終えることは難しそうです。

並行自主学習は絶対必須

事前学習だけでも挫折してしまう恐れがあります。
カリキュラムが始まっても、わからないことをすべてメンター任せにするのはあなたの為にはなりません。

学習期間は、テックキャンプにすべてを任せるのではなく、自ら進んで学習し、解決する姿勢を維持しなければなりません。

実務に匹敵する学習環境

現在はコロナ禍の影響で、チーム開発のカリキュラムが、個人アプリ制作となっています。
制作したものをメンターがGitでレビューしてくれる、実務に近い環境で開発できます。

チーム開発がないのはとても残念ですが、すべての工程を自分で体験できる点はメリットですね。

カリキュラムで学ぶ内容とは違うクラウド環境での開発が求められるとのこと。

実務ではよくあることです。
知らない環境であっても、基礎をしっかり身に付けていれば、対応できるでしょう。

試験を通過しないと次のカリキュラムに進めない

カリキュラムの切り替わりではテストがあります。
不合格になると次に進めず、追加料金になってしまうケースもあります。

もちろん、返金保証の条件である、期間内のカリキュラム修了にも該当しなくなってしまいます。

学習期間とは言え、本気で臨まないといけません。

挫折するのはこんな人

少なからず挫折して退会されている方がいらっしゃいましたね。

せっかくやる気をもって入学したのに、途中でやめてしまうのは次のような方です。

挫折するのはこんな人
  • 仕事やライフイベントで学習に専念する時間を取れない方
  • カリキュラムに加えて別教材で自己学習できない方
  • わからないことをメンター任せにしてしまう方

カリキュラムが終わったらすぐに転職です。
そのとき頼れるのは自分だけです。

自ら学び、調べ、問題を解決できる力を身に付けなければなりません。
学習期間とはいえ、本物の仕事と同等の覚悟が必要です。

\\ 転職成功率99% //

テックキャンプ 公式サイト 

テックキャンプの向き不向き

たくさんの評判を見て、テックキャンプの向き、不向きが見えてきました。

向いていない人

残念ながら「テックキャンプ エンジニア転職」に向かないのはこんな人です。

向かない人はこんな人
  • 転職前提ではない方
  • スクールにカリキュラムの進行やスケジュールを任せたい方
  • 様々なテクノロジに対応できるスキルをじっくり学びたい方

「テックキャンプ エンジニア転職」は転職への近道をするためのカリキュラムです。
定められた期間でカリキュラムを履修するために、自己学習する時間と努力が必要です。

「テックキャンプ プログラミング教養」ならば、期間に定めはありません。
ただ、学習内容はじっくり学ぶには物足りない内容になりそうです。

向いている人

「テックキャンプ エンジニア転職」で成功されている方、向いているのはこんな人です。

向いている人はこんな人
  • 短期間で絶対に転職、就職したい人
  • 休職中か辞職している人や学生
  • カリキュラムだけでなく問題解決するために自分で努力できる人

未経験でも転職をかなえるためには、本物の現場と同じ位の覚悟で臨まなければなりません。
テックキャンプでの学習は、すでにプロの現場なのかもしれませんね。

テックキャンプ入学の心得

「テックキャンプ エンジニア転職」に入学するならば、気持ちと環境の準備が必要です。

環境の準備
  • 仕事が忙しい場合は難しいので休職中や辞職済みであることが理想
  • 夜間・休日スタイルでも時間は必要。休みはなくなる気持ちで
  • 重要なライフイベントが控えている場合は避けましょう
  • 事前学習をしておきましょう
気持ちの準備
  • カリキュラムにだけ沿って学習すればよいという生半可な気持ちは捨てましょう
  • 提供されるカリキュラムだけで転職できないことを知りましょう
  • 転職後も対応できるスキルを身に付ける自己学習を並行して実施しましょう
  • メンターに任せるばかりでなく自分で解決する力を養いましょう

ここに記載した内容は、いずれもスクールに入学する心得というよりも、プロのエンジニアとしての心得に近いです。
この気持ちをもって、厳しいスケジュールとカリキュラムをクリアできれば、転職できる力があるということなのでしょう。

スクールとはいえ、ここまでの覚悟が求められるとは思っていなかったと思います。

しかし短期間で未経験から転職を目指すとなれば、これくらいの気持ちで学べば、転職後でも現場で戦力となる人材になれると思いますよ。

テックキャンプ 公式サイト
エンジニア転職の詳細はこちら

「テックキャンプ プログラミング教養」の概要・料金


まずは「テックキャンプ プログラミング教養」について、整理してみましょう。

概要

「テックキャンプ プログラミング教養」は未経験や経験者を問わず、プログラミング学習でスキルを修得することを目的とする教養カリキュラムです。

あくまでゼロから、オリジナルのサービスが開発できるスキル修得がゴールなので、転職サポートは含まれていません。

「テックキャンプ プログラミング教養」は、次のような方を対象としています。

プログラミング教養の対象者
  • キャリアアップ・年収アップしたい
  • テクノロジーを駆使して課題解決できるようになりたい
  • 副業で収入を得られるようになりたい
  • 自分でサービスが作れるようになりたい

学べる学習コンテンツは次の通りです。

学習コンテンツ 内容 学習時間
Webサービス開発 主にフリマサイトを課題とし、Webサービス開発の基礎を学ぶ 60~180時間
オリジナルサービス開発 ゼロからオリジナルサービス開発を開発する方法や流れを学ぶ 100時間以上
AI(人工知能)入門 Pythonの基礎を学び、簡単な機械学習プログラムが構築できるようになる 60~80時間
AIアプリ開発(応用) AI入門の知識を活用して、株価予測など実務的なアプリやチャットボットの開発方法を学びます。 40時間
デザイン Webサイトのデザイン手法を、IllustratorやPhotoShopの使い方も含めて学ぶ 60時間
1つのプログラム言語やテクノロジを深く追求するのではなく、入門的な内容なので、未経験の方でも学びやすい内容になっています。

なお、オンライン説明会で詳しい内容を理解できますのでご覧になってみて下さい☟

料金

「テックキャンプ プログラミング教養」を受講するために必要となる金額は以下の通りです。(※すべて税抜き)

入会金 198,000円
月額 19,800円(初月無料、自動継続)
返金保証 受講開始から7日間は無条件で全額返金保証(振込手数料・分割手数料を除く)

支払い後に教材を見て、思ったものと違うなと思ったら、7日間までは全額返金が保証されるのはうれしいですね。

2か月目以降は自動継続になります。
受けられるサービスは以下の通りです。

  • 教室・オンラインで利用できる教材の提供
  • オンラインでのメンターへの質問(オンラインは全日13:00-22:00の対応)
  • 全国6箇所の教室利用とメンターへの直接質問(平日16:00-22:00、土日祝日13:00-19:00)
  • パーソナルメンターによる個別面談
  • オリジナルサービス開発のサポート
転職系プログラミングスクールの、転職サポートがないものと考えるとわかりやすそう。
転職を前提とせずに、スキルを身に付けたいという方に向いていますね。

期間を定めず、最低3か月の受講が必須という制限のみで、すべての学習コンテンツが学び放題となります。

そのため、自分のペースでじっくりと学びたいという方には向いているでしょう。
ただし、毎月受講料がかかるため、短期で卒業したほうが経済的です。

なお、メンターは「教育者」として、技術試験・ホスピタリティ試験に合格した人材です。
入門者にとってわかりやすく、挫折しにくい環境を作りながら、スキル修得に導いてくれることでしょう。

ですがプロのエンジニアではないので、現場のノウハウをメンターから学びたいという場合は不向きです。

  • 期間の定めがなく月額料金制で自分のペースで学べる
  • すべての学習コンテンツが利用できる学び放題
  • メンターはプロのエンジニアではなく、教育者であること

なお、テックキャンプでは、受講前に無料の体験会に参加することができます。

受講を決める前に無料体験会に参加してあなたに合っているかどうかの確認をすることをおすすめします。

\未経験からのプログラミング/

無料体験会の詳細はこちら

「テックキャンプ エンジニア転職」の概要・料金

次に「テックキャンプ エンジニア転職」についてご紹介します。

概要

「テックキャンプ エンジニア転職」は、前述の「テックキャンプ プログラミング教養」に、エンジニア転職するための学びやサービスが追加されます。

学習コンテンツは「テックキャンプ プログラミング教養」よりも充実し、実務で活かせるカリキュラムになっています。

テックキャンプ エンジニア転職の概要
  • Webサービスを開発することをメインとした学習カリキュラム
  • 設計やインフラ構築からリリース・運用まで一気通貫に学ぶ
  • コードレビューはGitで実務さながらの開発フローを体験できる
  • 個人アプリ制作がカリキュラムに追加
  • 面接対策や履歴書添削の転職サポートが受けられる
  • 短期集中スタイル(10週間)と夜間・休日スタイル(6ヶ月)の期限が設けられる
  • 教室利用やオンラインによるメンター質問の対応時間が拡大

本来ならばチーム開発の期間がありますが、現在はコロナ禍の影響で、個人アプリ制作がカリキュラムとなっています。
他の学生さんとの共同作業がないのは残念ですが、すべての工程を体験できる点はメリットです。

料金

「テックキャンプ エンジニア転職」の料金と、受けられる学習やサポートの内容は次の通りです。(※すべて税抜き)

  短期集中スタイル 夜間・休日スタイル
学習期間 10週間 6ヶ月
教室利用可能時間
メンターへの直接質問が可能
平日 10:00-22:00 あなたの仕事がある日:19:00-22:00
あなたの休日(週2日まで):11:00-22:00
オンライン質問可能時間 全日 10:00-22:00 あなたの仕事がある日:11:00-19:00
あなたの休日(週2日まで):11:00-22:00
料金 648,000円 848,000円
返金保証 受講開始から14日間、または一定条件により全額返金保証(振込手数料・分割手数料を除く)

転職できなかったり、仕事の案件が獲得できなかった場合も、条件に該当すれば返金対象となります。
ただ、あくまで真面目に取り組んで指定期間内に学習カリキュラムを修了していることが主な条件です。

要は、テックキャンプが提供する学習カリキュラムを真面目にしっかりこなしていれば、必ず転職できるだけのスキルが身に付き、テックキャンプがしっかりと転職のサポートをしてくれるということです。

短期集中スタイル

主に仕事を休職、辞職されている方、未就業の学生向けの学習スタイルです。
他のスクールと違い、メンターへの質問ができない日がないのはうれしいですね。

1日中教室で学習される方も珍しくありません。
未経験から転職できるまでのスキルを10週間で身に付けるというのは、並々ならぬ努力が必要なのですね

夜間・休日スタイル

仕事をしながらエンジニア転職を目指す方向けの学習スタイルです。
週2日は教室での学習、その他は19:00以降の教室利用か、オンラインでのメンターへの質問ができます。

受講期間も6ヶ月と、短期集中よりは少し余裕があります。
とはいえ、お休みの日はみっちり勉強になるので、それなりの覚悟は必要です。

公式サイト:https://tech-camp.in/

テックキャンプの評判まとめ

テックキャンプの学習カリキュラムや評判を見ると、とても厳しい学習環境だということがわかりました。

確かにエンジニアは魅力的な職業と言えます。
しかし仕事ですから、エンジニアなりの厳しさや苦しさはもちろんあります。

「テックキャンプ エンジニア転職」は、そんな厳しさや苦しさを体験しながら、転職を目指せるスクールです。
厳しいとはいえ、転職先の実績はいずれも魅力的ですし、キャリアサポートもしっかりしています。

転職してから「こんなはずじゃなかった」と思いたくないあなた。
自ら厳しい環境に身を置いて切磋琢磨したいあなた。

今、テックキャンプでエンジニアへの一歩を踏み出すときですよ
きっと卒業するころには一皮むけていることでしょう。

▼テックキャンプ 公式サイト

ABOUT ME
TechnoKuRo
TechnoKuRo
元警察官のフリーランスエンジニアです。 警察官時代もプログラムが好きで、情報管理部門での経験を活かし40代IT未経験転職を果たしました。 いまはとにかく色々な経験を積んで、現役と言える歳のうちに起業するのが目標です。
おすすめの記事