勉強

CAになる前後で読んでおきたい本13選をご紹介【現役CA推薦】

CAの情報収集は、エアラインスクールに通って先生の話を聞くだけではありません。
私は全くスクールに通わず、読書のみで外資系CAになることができました

CAに興味があるけど、どんな本を読めばいい?

就活に役立つ本ってどれ?

そんな疑問にお答えしますね。
意外にもCAに関連する本はたくさんあるんですよ。

この記事では、あなたが目指すCAになる前後で読んでおきたいおすすめの本13選をご紹介します。
お読みになると以下のことがわかります。

  1. CAを目指す時に読んでおきたい本
  2. CAの就活中に役立つ本
  3. キャリアアップを考える時に読みたい本
様々な目線から現役外資系CAの私がお伝えしていきますね。

CAを目指すときに読んでおきたい本

CAを目指しているけど、一体何から手を付けていいのか分からないなんて事ありませんか?
私も実際そうでした。

CAを目指すときにまずは、「業界を知る」ことが大切です。
航空業界って、CAの先輩がたくさん本を出版されているので、資料が豊富なんです!

興味のある一冊を見つけて読み始めてはいかがでしょう?
ここでは私が当時読んでいたおすすめの4冊を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください!

客室乗務員に1か月で合格する本

この投稿をInstagramで見る

国内系・外資系エアライン 客室乗務員に一ヶ月で 合格する本2020~2021🌸 絶賛ご予約受付中です‼️  4月26日発売予定です✨ エアライン合格を目指す方必携の一冊⭐️ お見逃しなく🥰💕💕  #vic #vicacademy #ヴィックアカデミー #客室乗務員 #客室乗務員になりたい #グランドスタッフ #グランドスタッフになりたい #ca #gs #cabincrew #groundstaff #エアラインスクール #エアライン受験 #vicアンバサダー #ca目指してる人と繋がりたい #gs目指している人と繋がりたい 

エアラインスクールVIC ACADEMY(@airline_school_vicacademy)がシェアした投稿 –

この本は、まさに私のバイブルとも言える一冊です!
大手エアラインスクールが出版されているので、生徒さん達のリアルな体験が書かれています。
これからCAを目指そうと思っているあなたは、持っておきたい一冊ですね。

ざっくりとCAを目指している人や、もっと業界について知りたいのならこの本から始めましょう。
多くの会社について書かれているので、業界について幅広く知ることができます。

毎年採用に来ない会社についても詳しく書かれているので、長い目で見てCAを目指す場合にもおすすめです。
特定のエアラインを目指しているが、なかなか日本で採用が無い方も情報が載っていますので大丈夫です!

私はCAを目指し始めた当初に読み始めたのですが、右も左も分からない状況だったのですごく役立ちました。
過去の採用時期や、面接で実際に質問された内容など、これから就活を始めるイメージがしやすくなりました。

もちろん、既に就活を始めた方にも役立ちます。
ですが、私はCAに興味を持った時点で手に入れておきたい本としておすすめしたいです。

外資系客室乗務員になる本

まさにタイトルの通りです。
外資系の客室乗務員に興味があるのならば、この本をぜひ読んでみてください。

とは言っても、外資系と一括りにしても幅広いです。
この本では、主に日本で採用が行われている外資系エアラインをメインに紹介しています。

外資系に興味があるけど、海外に行って面接を受けないといけないの?

そんなことは全くありません!
採用が日本で行われている、日本に在住の外資系就職など、様々な採用があります。
日本ベースの外資系限定で就活を考えているあなたにぴったりの一冊です!

採用や選考方法について、細かく記載があるのは日本に乗り入れているエアラインが多いです。
ですが外資系全般についても解説があるので、他社研究を行う意味でも参考にできます。

更に、外資系先輩CAのインタビューも載っているので役立つ情報が満載です。
外資系エアラインで働くとはどういった感じなのか知ることができますよ!

ANA&JAL 日本のエアラインCAになる本

外資系より、国内系に興味があるのにな…と感じているあなた。
そんなあなたにぴったりの本はこれです!

大手航空会社はもちろん、LCCも含め国内ほぼすべてのエアラインについて記載されています。
LCCの先輩CAのインタビューを聞ける機会というのは、実は少ないので書籍で読めるのは嬉しいですね!

情報が集めやすい国内ならではのディープな事情も読めますよ。

国内系のCAに興味があるけど、国内系エアラインって実際どんな航空会社があるのかいまいち分からない。
そんなあなたは、この本で基礎知識知識をつけるのもおすすめですよ!

ここまで一気に国内系エアラインをまとめて紹介している本は中々ありません。
ここから国内CAの就活を始めるきっかけにぜひ読んでみてください。

CA合格の教科書

この本は、教科書というよりむしろ参考書として使う方がいいかもしれません。
なぜかと言うと、本は大抵読むものですが、これは書きこんで学習するスタイルになっているからです。

教科書というだけあって、航空業界の基礎情報や各エアラインの採用に役立つ情報が載っています。
ですが、私はこの本を勧めるポイントはそこではありません!

ここではCAになった時の自分を想像して、自分を磨くチャンス思って読んでみて下さい。

この本は、CAになるまでの細かいステップを教えてくれるからです。
一つ一つの準備がきちんとできるので、まるでエアラインスクールに通っている感覚になります。

一般的な就活でもありますが、自己分析をしっかり行うことです。
いちCAである前に会社員になるわけですから、業界の事について詳しく知ることは大切です。

視野を広く持てる人程CAとして魅力的ですから、そのための訓練に最適です。
夢を現実に変えるため、どう動けばいいのか一歩ずつキャリア指導してくれます。

CAの人間観察術

これまで紹介した本とは異なり、この一冊は息抜きの読んでいただきたい本です。

CAがなぜ気配りができると言わるのか、それは鋭い人間観察をしているからです。
この本は、おもしく読者に分かりやすいように執筆されているのでとても読みやすいです。

何事もメリハリをつけて、息抜きをすることで楽しくなると思いませんか?
この本はミニ書籍なので、休憩の合間に読んでモチベーションをアップしてくれます。


CAの人間観察術。

※Kindle Unlimited会員のかたは、Kindle版が無料です。
Kindle Unlimited【30日間無料体験】

就活に役立つ本

さて、ここからは就職活動が始まってから読みたい本を紹介します。
CAの仕事内容や業界について理解した後は、いよいよ就活の開始です!

一般企業とは少し異なるCA就活、きちんと備えておきたいですよね。
今回は特に難しいと言われる国内エアラインに着目した本を紹介します。

CAメイクと面接の本

私がエアライン就活を始めた当時は、エアラインスクールに通っていませんでした。
右も左も分からなかったので、タイトルにそそられこの本を購入しました。

実際に、CA面接はメイク方法も少し変えましたし、面接もグループディスカッションが多かったです。
メイクはいつもと違うし、面接でのアピール方法もやり方が分かりませんでした!

CA就活初心者さんはこの本から初めてみてはいかがでしょうか?

とても基礎的ですが、エアラインはメイクや身だしなみで第一印象が決まります。
私のように、エアラインスクールに通っていないのならば、まずメイクの勉強をしましょう。

次に面接の対策を始めます。

先ほども言いましたが、面接はグループディスカッションが多いです。
時に1000人を超える受験者数がいる中で、どれだけ自分をアピールできるかで採用が決まります。

自己主張が強ければ良いという世界でもないところが難しいところです。
ですが、ここでは面接の基本的な極意を教えてくれるので、その通りにできれば大丈夫です。

私の場合は、読んで面接を経験して、また読んでの繰り返しでした。
まるきり同じではなく、参考程度に読むのもいいかもしれませんね!

JAL客室乗務員になる本

まずはJALです。
JALのCAにとって大切なことは、会社の雰囲気をきちんと理解する事です。

国内大手航空会社のJALにとって、なによりおもてなしのサービスを重んじています。
JALのサービスに対する姿勢を理解した上で、自分の考えもしっかり言えなければいけません。

企業研究で大切な、会社概要、JALフィロソフィーなどが記載されているので、
この一冊があれば完結できてしまいます。

企業研究ももちろん大切ですが、面接も入念な準備が必要です。
ここでは、面接官の視点からの質問や面接テクニックを教えてくれます。

もう一冊、合わせて読みたい本をご紹介します。

JALフィロソフィー無くしてJALは語れません。
JALは一度の倒産を経て今まで立て直してきました。

その経験がJALフィロソフィーを作り上げたと言っても過言ではありません。
JAL精神を知りたければ、JAL倒産を知る必要があります。

この本では、当時の経験を詳しく執筆してあります。
JALの企業研究としてぜひ読んで下さい。

よりJALについて詳しく理解できるはずです。
きっとJALのCAとして働くイメージができるんではないでしょうか?

ANA客室乗務員になる本

JALの本があるのならば、ANAの本もあります!

ANAを目指す時、JALとの差別化は避けて通れません。
圧倒的支持率の高さを誇るANAは、志望理由もしっかりしなければなりません。

ANA協力の基書かれたこの本には、合格の為にやるべきこと事がずらりと掲載されています。
例えば、ANAの企業理念に共感し、同様の熱意があることなどです。

先輩のインタビューが載っているので、ANAのCAになる夢が広がりますよ!

ここでは試験で必ず抑えておきたいポイントが紹介されています。
夢実現の第一歩として、読んでおくべきですよ!

もちろん、面接もきちんと対策してくれる内容になっています。
この本を読み、ポイントをしっかり押さえた企業研究ができますね。

更に、先ほどのJALの客室乗務員になる本と併用して持つ事のもいいですよ。
JALとANAでの競合研究になるのでお勧めです。

もう一冊、合わせて読みたい本をご紹介します。

5スターエアラインに選ばれる理由は何でしょうか。
それはサービスに隠されていると言っても過言ではありません。

何が特別で、どのような気持ちでサービスに取り組んでいるのか、
ANAのCAを目指すのなら知っていたほうが良いと思いませんか?

この本では、ANAのサービスの秘密についてリアルなCA達の声を読むことができます
お客様満足とは何か、自分なりに考えるいい機会にもなるはずです。

※Kindle Unlimited会員のかたは、Kindle版が無料です。
Kindle Unlimited【30日間無料体験】

CAデッドヘッド中の愛読書

デッドヘッドとはまず、ご説明しておきます。
デッドヘッドとは、お客様と同じ席に私服で搭乗する便のことを言います。

勤務中にはなりますので、制服を着て乗務クルーと同じタイミングで機内に行きます。
しかし上空では普通のお客様と変わりはありません。

デッドヘッド中は、読者をしたり映画を見たり、時々仮眠をとったりします。
今回はデッドヘッド中の私の愛読書をご紹介いたします!

AIRSTAGE

AIRSTAGEはいわずと知れたCA達の愛読書です。
本というより雑誌になりますが、毎月航空業界の新しい情報を掲載しています。

例えば、新しいサービスに代わった航空会社についての記事であったり、
各航空会社の最新月の機内食を紹介してあったりします。

私の場合、日本語が読めない外国人クルーでに写真をシェアします。いい話題作りになって楽しいですよ!

実は、私の周りの多くのCAがこの雑誌を毎月チェックしています。
表紙の写真は現役CAを採用しているので、友達が載ってることもしばしばあります。

様々な楽しみ方ができる雑誌なので、CAのくつろぎ時間に最適です。
デッドヘッド中ならではの読書の時間です。


AIR STAGE (エア ステージ)

航空旅行

こちらも雑誌になりますが、航空業界について最新の情報を発信しています。
CAは、他社がどんな機材を入れたのか、どんなサービスに変えたのか知っておく必要があります。

お客様との会話で他社のお話をする機会は多くあります。
航空旅行は、編集者さんがお客様目線で執筆されているので、働く側としては気づかない点に気づくことができます。

自社が掲載されると、お客様はこんな事を見ているのかと気づかされたりします。
他社の掲載回は、ライバルは今こんなことをしているから、私達はもっとこうしてみようなど考えてみたりします。

一息ついて安らげる時間にこそ、普段見えないものに気づく事ができる事がありますよね。
そんな気づきの参考書になっているのが、この雑誌だったりします。


航空旅行 2020年9月号

今後のキャリアを考えるときに読む本

CAという職業は手に職が無いという難点から転職に不利と考えている人も少なくないです。
ですが、反対にCA程人に気を配ることができる職業は多くないと思います。

私の先輩CA達も様々な理由で転職、退職されています。
不安と期待を抱え次に進む時、先輩方が読んできた本を今回紹介します。

選んだ道が、一番いい道

このままでいいのかな?これで良かったのかな?

退職の際、そんな声を先輩CA達が言っていたのを思い出します。

私の場合は、海外ベースの外資系なので転職は帰国するケースが大多数です。
そのため環境がガラリと変化するので不安が残ります。

この本の著者はレジェンドCAと呼ばれた元ANAの大宅邦子さんが執筆されています。
同業者が執筆、しかも定年まで働かれた大先輩が書かれた本という事もあり、私達に刺さる言葉が多いです。

「あなたが決断したのだから、大丈夫よ。」
そう声を掛けられているかのような気持ちになるので、読んでいて心が安らぎます。

私は、前職からCAに転職する際読んだ本ですが、大宅さんのひとつひとつの言葉にとても勇気づけられました。
当時は夢だったCAになれるけど、知らない異国の地での生活に不安と期待でいっぱいでした。

彼女の本を読んで、これで良い、頑張ろうと思う気持ちが自然と沸いてきました。
もしCAへの転職、CAからの転職で悩んでいる方がいたら、ぜひ一度読んでもらいたい本です。

CAになる前後で読んでおきたい本まとめ

今回紹介した本は、きっといつかあなたの役にたつはずです!

少しでも興味があったなら、すぐに読んでみてください。
あなたが目指すCAになる力になれたら嬉しいです。

まとめ
  1. CAを目指す時に読みんでおきたい本
    • 基礎知識をつける事ができる書籍
    • 業界と仕事を知る本
  2. CAの就活の役立つ本
    • メイクや面接の基本が学べる本
    • 企業のバックルグラウンドと競合を研究できる本
  3. デッドヘッド中の愛読書
    • お客様目線で学べる航空雑誌
    • 航空雑誌でライバル社の情報も入手
  4. 今後のキャリアを考えるときの本
    • 不安は先輩CAの本で解消!先輩の言葉に後押しされよう!

ところで、ここまでおすすめの本を13選ご紹介しましたが、以下の記事ではCAのあるある30選を解説しました。
こちらもぜひご覧になってみて下さい。

CAあるある30選!仕事から恋愛まで20代の現役外資系CAが解説CA経験者なら、うなずくであろうCAあるある30選をお届けします!具体的には、機内での仕事、行先でのステイ、CAの休日、特別公開の恋愛にいたるまで。20代現役外資系CAの私が、実話を交えてあるある秘話を特別にお話ししますのでお楽しみに!...
ABOUT ME
AKI
AKI
現外資系エアラインのキャビンアテンダントです。 世界中を飛び回り、楽しく仕事しています。 旅行中に訪れる観光地巡りが大好きです! 休みの日は映画鑑賞や手芸に没頭中。 最近は任天堂switchにハマっています。 ライターとしては、駆け出しですが記事をたくさんアップできるよう頑張ります! よろしくお願いします。
おすすめの記事