資格勉強

キャリカレ「メンタル心理カウンセラー講座」の評判は?受講した私が検証!

多様化する価値観や不安定な社会情勢の中、メンタルケアの大切さが叫ばれています。
それに伴い、心理カウンセラーの資格に興味をもつ方も増えています。

キャリカレのメンタル心理カウンセラー講座って評判どうなのかしら?

受講を検討する際は、評判が気になりますよね。

そこで今回は、私が取得したキャリカレの「メンタル心理カウンセラー」の講座について、受講者の評判を検証
記事をご覧になると、あなたがこの講座を受けるべきかどうか判断できますよ。

  • 講座の口コミ・評判を検証
  • この講座に向いている人と向いていない人
  • 実際に受講した私の体験談
実際に受講し、資格を取得した私がお伝えします。

「JADP認定メンタル心理カウンセラー®資格」の認定証「メンタル心理カウンセラー」講座を受けて受験した「JADP認定メンタル心理カウンセラー®資格」の認定証です

公式サイト:https://www.c-c-j.com/

キャリカレの心理カウンセラー講座の良くない評判


まず、キャリカレ「メンタル心理カウンセラー」講座の良くない口コミから見ていきます。
人によって感じ方はありますが、SNSの声を大きくまとめると次のような意見がありました。

内容が簡単すぎて物足りない

必要な学びが厳選されているため、初学者でも心理カウンセラーを目指せることがこの講座のウリの1つです。

その一方で内容に物足りなさを感じる方もいるようです。

私も受講してみて、物足りなさを感じました。
全体のボリュームはいいのですが、1つ1つについて詳しく知りたい性格だからかもしれません。

テキストは薄めです

もっと深ぼりしたいと思った時には、講師に質問したりテキストの参考文献欄にある書籍をあたってみたりすることをおすすめします。

テキストが使いづらい

テキストの内容ではなく、使い勝手を指摘する声もありました。
テキストの紙質についてです。

紙質!?どういうことでしょうか?

メンタル心理カウンセラーのテキストも含めて照明で反射しにくい紙質にしてほしいということですね。

こちらの口コミは、私も同感です。
反射が気になると勉強に集中しづらいので、デスクライトの光が紙に反射しないよう、テキストの角度を調節して対応していました。

映像教材が活用しづらい

キャリカレの「メンタル心理カウンセラー」の教材は、テキストだけではありません。

理解を深めるために映像教材もついています。

映像で学べたらよさそうですが、良くない口コミがあるんですか?

テキストの学習を補うはずの映像ですが、どのタイミングでどの映像を見ればいいのかは書かれていないんです。

効果的に活用したい映像教材ですが、使うタイミングがわかりにくいのは残念です。
私の場合は、ある程度テキストを進めた後で、関係しそうな映像教材をまとめて視聴していました。

これだけでは開業できない

「メンタル心理カウンセラー」は初歩的な内容なので、この分野の学習が初めての人や勉強自体が久しぶりの人には始めやすい講座です。
ただ、この講座を一通りやっただけですぐ開業となるものではありません。

何度も復習したり自分で学びを深める必要がありますね。

初学者でも、効率的なカリキュラムで資格取得まで最短2カ月、充実のサポートで開業も目指せるとあります。

1日の勉強時間を多くすれば2カ月でこの講座を修了することはできると思います。
ですが、初歩的な講座なので、これだけで開業までするのはほぼ不可能だと感じました。

キャリカレの心理カウンセラー講座の良い口コミ


次は、キャリカレ「メンタル心理カウンセラー」講座のよい口コミを見てみましょう。
こちらもSNSからいろいろな意見や感想を紹介します。

講座全体が簡単にまとめられていてわかりやすい

心理学の基礎から学べるこの講座は、初学者でも2カ月で資格がとれるように設計されています。

そのため、学習内容や分量などに大きな負担を感じることなく勉強できるようになっています。

勉強も継続が大事ですから、無理なく続けられるのは魅力的です。

仕事や家事をしながら毎日欠かさず勉強するのは難しいですが、私の場合、取り組める日は30分と時間を決めて進めていました。
30分なら、集中してがんばれました。

テキストが使いやすい

テキストは、オールカラーでイラストや図が豊富に使われています。

本文を読みながら視覚的にも整理できるテキストですね。

かつて心理学を学んだ方も視覚的なわかりやすさに驚いています。
テキストの見開き右側は文章が書かれていて、左側は図表が書かれている、という構成のページが多かったです。

必要に応じて大切なポイントにラインが引かれていたり、文字に色がつけてあったりしました。
余白もあるので、自分のメモを直接書き込むこともできますよ。

映像でカウンセリングの場面を学べる

実際のカウンセリングの進め方は、テキストだけではわかりづらいですよね。

そこで役立つのが映像教材です。DVDもついてきますし、オンラインでも同様の映像を視聴できます。

テキストも映像も、飽きずに学べる工夫がほどこされているのはうれしいですね。

映像を見ながら声に出して練習できるので実践をイメージしやすいですよ。

映像教材では、実際のカウンセリングの場面を再現したりその解説をしたりしています。
映像にあわせて声を出して練習する時間も設けられています。

少し恥ずかしさもありますが、やってみると印象に残りやすくなり学習に役立つと感じました。

質問の回答や添削が早い

通信教育で学んでいるときに、ふとした疑問が出てきたらどうすればいいの?

そんな心配をする方もいらっしゃるかもしれません。

キャリカレの「メンタル心理カウンセラー」講座では、いつでも何度でも講師に質問できる学習サポートの体制が整っています。

在宅学習だからこそ、疑問をすぐに解決できるのがいいですね。

家にインターネット環境があれば、質問もテストの添削依頼もオンラインですぐにできるのでストレスフリーでした。
その時によりますが、早い時には当日、ほとんどの場合は翌日にお返事をいただけました。

学んだことをボランティアや生活に活かせる

学ぶ目的は様々ですが、講座で得た知識を日々の生活やボランティアで活かしていこうという方もいらっしゃいます。

ご自身の過去の経験から、悩んでいる人を支えたいという思いで勉強されているなんてすばらしいですね。

周りの大切な人のために活かしたり、別のお仕事に活かしたりという方法もあるんですね。

「メンタル心理カウンセラー」の資格は基礎的なものです。
全くの初心者がすぐにお仕事にするというよりは、生活の中で自分や周りの人のメンタルケアをするのに役立てる、という姿勢でいるとよいのではないかと感じました。

公式サイト:https://www.c-c-j.com/

メンタル心理カウンセラー講座を受講した体験談


私も実際にキャリカレの「メンタル心理カウンセラー」講座を受けて在宅受験し、「JADP認定メンタル心理カウンセラー®資格」を取得しました。
実体験をもとに感じたことをお伝えします。

満足していること

私がこの講座を受けて満足していることは5つあります。

  • 家で好きな時に学び、受験も家でできたこと
  • 心理学の基礎を浅く広く学べたこと
  • 心理療法の概要がわかったこと
  • 学びたい気持ちを満たせたこと
  • 講座の修了と資格取得という目標をたて、やり遂げた達成感を味わえたこと

仕事をしながら忙しく過ぎていく中で、1日わずかでも自分の興味があることに触れて学びを深められることはとても楽しいです。
講座の修了や資格取得というわかりやすい形で目標の達成を感じられることも満足感につながりました。

「メンタル心理カウンセラー」のテキスト

他の分野も含め、知的刺激を求めてまた勉強していくつもりです。

今後に期待したいこと

もう少しこうだったらよかったな、という点もあります。

  • テキストが横書きだともっと読みやすい
  • より詳しい内容に触れてほしい
  • 開業を目指すのではなく心理学自体を学べる講座がほしい

テキストの本文は縦書きなので、個人差はあると思いますが、私には若干の読みづらさがありました。

また、私は心理カウンセラーとして開業したいわけではなく、学問としての心理学を体系的に学びたいという気持ちが強かったので、カウンセリングよりも心理学を中心に据えた講座ができるといいなと感じています。

それまでは、自分で色々な本を読んで勉強するつもりです。

メンタル心理カウンセラー講座の向き不向き


ここまで、キャリカレ「メンタル心理カウンセラー」講座の特徴を紹介してきました。
学びたい内容やライフスタイルによって、この講座が向いている人、不向きな人がいます。

自分が向いているのか向いていないのか、ぜひ知りたいです。

向いていない人

キャリカレの「メンタル心理カウンセラー」講座が向いていないのは次のような人です。

  • 学問としての心理学を学びたい人
  • すでに心理学やカウンセリングの基礎的な部分を知っている人
  • カウンセリングの実践を積みたい人
このような人には物足りない内容になりますので、より専門的な内容の講座を選ぶようにしてください。

カウンセリングの実践を積みたい人は、自宅学習ではなく通学で学ぶなど、実際の現場がより身近に感じられる学習方法を検討するようにしましょう。

通学で心理系資格を目指す場合は、以下の資格を検討してみてください☟

向いている人

キャリカレの「メンタル心理カウンセラー」講座が向いているのは次のような人です。

  • 心理学やカウンセリングについて初心者または学習にブランクがある人
  • テキストに加え映像でも勉強したい人
  • 身近な人の悩みに寄り添えるようになりたい人
  • 心理学の知識を使って聞き上手になりたい人
  • 学習方法のアドバイスを専属サポーターから受けたい人
  • 無料カウンセリング実習を受けてカウンセリングを体感したい人
学習内容が専門的すぎず、分量もほどほどなので、初学者や学ぶこと自体が久しぶりの人にも安心ですね!

通学の必要が無いのでちょっとした空き時間に少しずつ勉強したい人にもおすすめですよ。

なお、初心者向けの心理系資格は、キャリカレとユーキャンを比較検討される方が多いですね。
以下に両者の比較表を載せておきますので、ご参考にどうぞ☟

通信講座 キャリカレ ユーキャン
講座名 メンタル心理カウンセラー講座 メンタルヘルス・マネジメント(R)検定講座
取得資格名 メンタル心理カウンセラー メンタルヘルスマネジメントⅡ種
受講料 28,600円 35,000円
受講期間 2ヶ月~700日 4ヶ月~12ヶ月
教材内容 テキスト DVD テキスト 副教材
学習スタイル テキスト DVD 添削課題4回 テキスト 添削課題4回
サポート 質問はオンライン質問フォーム、郵送、FAX 質問はメール、郵送
教育訓練給付 対象外 対象講座(20%返金)
役立つこと 日常生活に心理学やカウンセリングの知識を活かせる 企業に求められる、心の健康管理者として活躍できる
資料請求 コチラから無料で請求可能 コチラから無料で請求可能
公式サイト https://www.c-c-j.com/ https://www.u-can.co.jp/

キャリカレの心理カウンセラー講座の評判まとめ


初学者でも無理なく少しずつ学べるのがキャリカレの「メンタル心理カウンセラー」講座です。
テキストと映像教材を使って、家にいながら心理学とカウンセリングの基礎を学びたい人には、はじめの一歩としておすすめです。

あなたが資格や学びを、どんなことに活かしたいかを考えて、ぴったりの講座を見つけてくださいね!

おすすめの心理系資格
ABOUT ME
みぞう
みぞう
旅行(国内・海外)、散歩、飲むこと・食べることが大好きです。スポーツは水泳が得意で、ヨガは毎日続けています。 雲が好きで住まいは空が広く見える場所を選びます。 今まで10か国以上を旅しました。オーストラリアには2年半ほどいました。 特技はどんな経験の中にも学びを見つけることです。 好きな言葉は「七転び八起」「何が起きても大丈夫」。
Amazonでおトクに買い物する方法

Amazonは買いもの前にAmazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしないと

\ポイントがザクザク貯まる!/

Amazonでポイントをためる

プライム会員だと通常のAmazon会員より0.5%優遇されます。
【公式】Amazonプライム会員【30日無料体験】

Amazonギフト券のチャージタイプについて詳しくは以下の記事をご覧になって下さい。
Amazonギフト券をチャージしてポイントを貯める方法を解説!