勉強

事務の資格にMOSが必要な理由や取得後のキャリアプランを解説

事務職に就きたいんだけど、MOSの資格って持ってる方がいいのかな?
事務職を検討しているあなたは、そんな疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は事務職歴20年でMOS PowerPoint取得済みの私が、やおすすめの科目について解説します。
またMOSを取得後のキャリアプランについても解説してまいりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

事務の資格にMOSが必要な理由


これは私が取得した、MOS認定書です。

事務職には、一般事務、経理事務、営業事務などの種類があります。
事務の仕事では種類に関係なく、必ずWordやExcelなどオフィスアプリを使います。

ですから事務の資格にMOSが必要かと聞かれたら「必要です」と私は答えます。
では、なぜMOSなのでしょうか。
その答えを次項でご説明いたします。

MOSとは「マイクロソフト ・オフィス・スペシャリスト」の略です。
Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookのそれぞれに試験があります。

就活時にアピールできる

MOSがあれば、オフィスアプリが使える証明になり、事務職に求められる能力を証明できます。
面接官に即戦力として使えることをアピールできるのです。

かくいう私も、MOS PowerPoint2013を取得しています。
以前、私は職務経歴書を作り、人に見せなければならないことがありました。

資格の欄に、MOS PowerPoint2013と書きました。
すると先方の担当者から、「珍しいですね、MOSでもPowerPointを持っている人は少ないから、重宝されますよね。」
と言われたことがありました。

どうやら、PowerPointは難しいと思われているようですね。
私にとっては、Excelの関数の方がよほど難しいですけどもね。

なお事務職の転職は賢く転職エージェントを利用するとコスパが良いですよ。
詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

事務へ転職する時におすすめのエージェントと上手な利用の仕方を解説近頃は、事務職の求人数も減少傾向にあり転職も熾烈な争いになっています。 事務へ転職するためにエージェント選びも大切です。 あなたの熱...

実務でもMOSのスキルは重宝する

MOSの資格をもっていると、勉強した内容を実務で活かすことができます。
Word、Excelの一般レベルを持っていれば、最低限のことはできるようになっているはずです。

例えば、Wordの一般をもっていれば、文書で表やリストを作成することがテスト項目に入っています。
Excelだと、関数で合計をとることがテスト項目に入っています。

資格を取得していれば、そうしたことができるようになっています。
Wordで文書に表を挿入したり、Excelで関数を使い集計をしたりするのは、必ず実務で使います。
この技能はWordやExcelをかじっている程度では少し難しいでしょう。

もちろん覚えたことを応用する必要がありますが、使っていくうちに慣れることもありますので、そうした機能があることを知っておくことが重要です。

事務の資格におすすめなMOSの科目

事務の資格におすすめのMOSの科目は、ずばりWordとExcelです。

WordとExcelは、どの職場でも必ず使います。
むしろ使わない職場はめずらしいしょう。

まず一般レベルの取得からスタートして、可能であればエキスパート(上級)レベルも取得したいところです。
エキスパートレベルを取得していれば、あなたは相当なオフィスマスターです!

営業の補助をする事務職だと、PowerPointを持っていると良いですね。
営業では、必ずと言っていいほどPowerPointを使います。
そのため、PowerPointを持っていると重宝される可能性が高いです。

MOS取得後のキャリアプラン


MOSを取得して、事務職に就けたとします。
その後のキャリアはどうなるでしょうか。

MOSの資格は、一般事務で有効です。
MOSを持って就ける仕事は、だいたいが一般事務であることが多いです。

一般事務は人気のある職種ですから、競争が激しくなりがちです。
また求職者が多く、代りの人が見つかりやすいです。

そのため契約社員として雇われ、最悪は契約満了に伴い退職になることもあります。
一般事務の次のキャリアとして、経理事務や医療事務など、より専門性の高い事務職種への転職を視野に入れましょう。

例えば、私はまず一般事務として今の会社に入りました。
その後、一般事務の仕事をしながら、簿記の資格を取り、経理事務に担当が変わりました。

一般事務からキャリアップをして、より専門性の高い事務職になるためには、専門性の高い事務の資格取得が必要です。

MOSの次は、そうした専門性の高い資格にチャレンジしましょう。
なお経理職に必要な簿記3級を通信講座で取得したい場合は、以下の記事を参考にして下さい。

簿記3級の通信講座3選|口コミを検証し徹底比較!安ければいい?簿記3級の通信講座はたくさんあるので選ぶのに迷いますよね。今回は、人気のある講座の中から、クレアール、スタディング、ユーキャンの3つを選び、口コミを検証し解説します!そして、それぞれの特徴を徹底比較しましたので選ぶ際の参考にして下さいね。...

【事務の資格】MOSが必要な理由やキャリアプランまとめ

事務職に就くためには、MOS取得が有利なことはご理解いただけましたか。

  • MOSを取得すれば、あなたが事務の即戦力として使えることをアピールできる
  • 勉強した内容を、実務に活かすことができる
  • MOS取得後のキャリアは、より専門性の高い事務職を目指すこと

最後に、MOSの取得の効果はそれだけではありません。
取得する、あなたの努力を示すことができます。
あなた自身が勉強して取得したのです。

資格が取得できたという自信が、面接での緊張をほぐし、受け答えに自信を持てるようになります。
その結果として、事務職に採用されることにつながります。

自分に自信を持つため、MOSに挑戦してみてはいかがでしょうか。
MOS資格の取り方については、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

MOS資格の取り方は2通り!あなたは独学派?スクール派?職種にもよりますが、仕事でパソコンを使う場面はとても多くなっています。 スキル向上のためにMOSの資格を取りたいけど、どんな勉強し...
ABOUT ME
かずや
かずや
事務職歴20年で、日商簿記3級、今はなくなった初級システムアドミニストレータを取得しています。 好きなものはデジタルガジェットで、スマホやパソコンを使うのが大好きです。 駆け出しのライターですので、これから勉強していきます。 Twitter:@kaz2uc
おすすめの記事