転職

事務へ転職する時におすすめのエージェントと上手な利用の仕方を解説

近頃は、事務職の求人数も減少傾向にあり転職も熾烈な争いになっています。
事務へ転職するためにエージェント選びも大切です。
あなたの熱意+エージェントのサポートが必須です。

でも転職エージェントってたくさんあるから、どう選んでどう付き合っていけばよいか迷いますよね。

今回は事務転職の経験を数多く経験した私が、おすすめのエージェントと上手な利用の仕方について経験談を交えて解説します。

事務へ転職する時におすすめのエージェント3選


事務へ転職すると決めたら、必ずといっていいほどお世話になるエージェント。
数あるエージェントの中で、とくにおすすめのエージェントを3社選びました。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートホールディングスが運営しているエージェントです。
大手中の大手で、求人分野では先駆者的存在のため、他のエージェントへの影響力も強いです。

求人サイト(リクナビNEXT)の質も高く、企業とのつながりも強くて最強のエージェントといえますね。
実際登録してみても想像どおり、求人数も多いし対応も丁寧でテキパキしています。

私も職務経歴書などで細かい指導を受けてだいぶお世話になったことがあります。
私一人では偏りがちだった事務転職の考え方をプロ目線で丁寧に教えてもらえました。

このおかげで、だいぶ自信が持てるようになりました。
ただ人気故に、すぐに転職先を紹介いただけなかったり、相談日がだいぶ先の日程になってしまったり。

よほど経歴に自信のある方でないと、登録者も多いのでライバルも多くなり、気持ちを維持していくのが難しい部分も多々ありました。

doda

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営しています。
こちらはリクルートエージェントに次いで求人数が多いです。

ただ、求人の質に当たりハズレがありますので、注意が必要です。
私は、一番dodaのHPが見やすく分かりやすいと感じました。

ネット上だけでも転職活動を十分こなせるためのサポート力があり、登録は必須です。
特徴は、情報はたくさん与えてもらえるのですが、あなた目線で手取り足取り教えてくれるエージェントではないといえます。

逆に言うと、転職をせかされることがないので、あなたのペースで就活を進められるということです。
だからといって、不親切というわけではなく、あなたが必要な時に分からないことや聞きたいことはどんどんメールや電話などで質問して積極的に頼るといいですね。

担当者は豊富な経験や情報量をたくさんもっているので、とても頼りになります。
あなた主導で転職活動をすすめていけますから、今の時代に合っていてとてもやり易いエージェントです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する正社員を目指すエージェントです。
こちらは、顧客満足度ナンバー1を獲得している大変評判がいいエージェントですね。

私は残念ながら利用したことはないのですが、同じ職場の同僚がここから紹介を受けて転職してきました。
やはり評判通り、キメ細やかなサポートをしてくれたそうです。

たとえば、転職した後も何か困ったことがあるとその同僚は担当者に電話で何度か相談をしていました。
転職先の紹介をしてくれただけの担当者という間柄ではここまで頼りにはしないので、この信頼関係はとても羨ましかったのを覚えています。

求人数に関してもかなり多いので、一人では選びきれません。
その点は転職アドバイザーが自分に合った企業を選定して提案してくれるので助かります。

なおパソナキャリアは、2019年のオリコン顧客満足度ランキングにおいて、調査企業38社中転職エージェントの顧客満足度ランキング1位に輝いています。
また、女性の満足度ランキングでも1位です。

事務転職に強いエージェント3社比較一覧表

パソナキャリア リクルートエージェント doda
求人数
非公開求人
求人エリア
キャリアアドバイザー
得意業界の多さ
アフターフォロー

リクルートエージェントはダントツで求人数が多くサポートも素晴らしい。
dodaも負けず劣らず情報量が多く転職者にとって強い味方になってくれます。

そしてパソナキャリアはもう言うまでもなく手厚いフォローが受けられるエージェントです。

事務への転職はエージェントを上手に利用する


競争の激しい事務へ転職成功させたいのであれば、エージェントにあなたの意志を正確に伝える必要がでてきます。
そのためには行き当たりばったりの伝え方では難しいので、事前に周到な準備がかかせません

登録前に自己分析や計画を立てておく

私の経験上、登録時が一番転職先を紹介してもらえるチャンスです。
その登録前にうっかり事前準備を怠ると、いい転職先がもしあった場合にきちんと反応ができません。

貴重な機会を逃してしまいますので、完璧でなくてもいいので自己分析をしたり、事務の経験があるならば仕事で力を注いだことは何か?今後どう生かしたいのか?を明確にします。

そのうえで、エージェントに更なる添削やアドバイスをもらうのです。
そして事務へ転職成功させるための数ヶ月の計画をきちんと立てておき、その都度転職状況を冷静に判断することも大切です。

転職を決意した時点で、ライバルは他にわんさかいますから、登録時には既に自分も比べられているという意識を持ったほうがいいです。
そうすることでエージェントもあなたのことを真剣に考えてくれますし、テンポよく転職活動が進んでいきやすいです。

登録は3社までに抑える

エージェントへの登録は多すぎないように注意します。
登録後に思ったより仕事の紹介が無かったりすると、他のエージェントにも登録したい気持ちにかられます。

しかしそうなっても、気持ちをグッと抑えてエージェント登録は少なめに抑えることをおすすめします。
2社か、多くて3社までに絞って活動したほうがいいです。

なぜなら、あなた自身でも事務の転職活動をしていくので、頼るエージェントが多いと状況を把握できなくなってしまいます。
どこかでボロが出て信頼関係を失ってしまう恐れがあるからです。

さらに、登録することにも多大な時間や労力がかかりますので、同じことの繰り返しで疲労してしまいマイナス思考に陥りがちになってしまいます。
貴重な時間を有効に使うために事前にエージェントの特徴などを調べ、本当に登録したいところに絞って登録してください。

事務転職をエージェントに任せきりにしない


特に、転職が初めてのあなたは注意が必要です。
エージェントに登録後、転職の全ての段取りをエージェント任せにしてしまいがちですが、それは間違いです。

もちろん、エージェントはあなたの事務転職の願いを叶えるべく精一杯努力をしてくれますが、登録者はあなただけではありませんから、当然状況によっては優先順位がつけられてしまいます。
エージェントだけを頼りにしてしまうと、あなたの貴重な時間がエージェントの都合に左右されることにもなりかねません。

あなたの事務転職のことを一番に考えられるのは、あなた自身しかいません。
エージェントはあくまでもあなたの転職のお手伝いをしてくれる存在です。

ですから、必ずあなたも転職活動をあなたの方法で進めていく必要があります。
たとえば、事務転職を成功させたことがある人と実際に会い、意見を聞いてみてください。

それを素直にあなたの転職活動に取り入れてみる方法はとても有効です。
私の場合も、人との交流によって厳しい転職の現実を知ることができ、歯に衣を着せぬ意見をもらえました。

それを活かし、多くの人とは違った戦略を立て、転職活動に役立ててきました。

事務へ転職する時におすすめのエージェントまとめ


事務職へ転職したいならば、賢くエージェントに頼ることや事前のあなたの準備が重要であることをお伝えしてきました。

  1. 事務へ転職する時におすすめのエージェント3選
  2. エージェントの上手な利用の仕方
    • 登録前に自己分析や計画を立てておく
    • 登録は3社までに抑える
  3. 事務の転職活動をエージェントに全てお任せは×

事務転職は厳しい道のりが待っています。
エージェントはそういった現状も踏まえて、プロ目線で見てあなたの商品価値を吟味しています。

そのことを頭に置いて賢くエージェントを利用しましょう。
なお事務職への転職が難しい理由については以下の記事をご覧になってください。

なぜ事務への転職は難しいのか?立ちはだかる4つの壁と対処法事務への転職は難しいと考えて、転職を尻込みしてしまったり、諦めてしまっていませんか? その原因をしっかり探っていくと解決策が見えてきま...
ABOUT ME
may
may
現在育児真っ最中。駆け出しのフリーランサーです。家庭も大事だけれど、自己実現も大切。ライターとして良い記事が書けけるよう努力しています。得意分野は、対人関係、旅行、食に関すること、英会話です。
おすすめの記事