勉強

TOEIC SWで350点を取得した私が対策本を6冊ご紹介します

TOEIC Speaking&Writing tests (以下TOEIC SWテスト)は、ビジネスシーンでのスピーキングとライティングのスキルを測ることのできる、実践的なテストです。
知名度も上がってきており、会社から受験するように言われたことはありませんか?

そこで、よし!!まずは対策本だ!と思っても、行った先の本屋には、似たようなタイトルのTOEIC SW用の本がずらり、、。
何だかどれも同じに見えて、どれがいいのかお困りではありませんか?

今回は、そんなあなたに、TOEIC SWテストで350点を取得した筆者が、超オススメの厳選対策本を6冊ご紹介します!
私も、実際にこれらの本で点数があげることができました。

ぜひ参考にしてくださいね。

TOEIC SW用の総合対策本はこの2冊がマスト!

受験が初めてのあなた、もしくは、総合対策本を探しているあなたなら、以下の2冊がオススメです。

  1. 『TOEIC スピーキングテスト/ライティングテスト 公式ガイド』
  2. 『頂上制覇 TOEICテスト スピーキング/ライティング 究極の技術』

それぞれ特徴を解説していきます。

『TOEIC スピーキングテスト/ライティングテスト 公式ガイド』

受験がはじめてならば、必ず購入しましょう。
この対策本のオススメのポイントは以下の2つです。

公式である

こちらの本は国際ビジネスコミュニケーション協会が出している公式版です。
それぞれの設問の説明や特徴が丁寧に紹介されています。

採点のポイントはもちろん、対策すべきポイントも簡潔ですが書かれています。
初めての人向けの『紹介本』という点もありながら、これから自分がしっかりと対策すべき部分を知るための『導入本』といってもいいでしょう。

レベルの高いスピーキングとは何かがわかる

もう一つのオススメポイントは、採点スケールごとのスピーキングがどういうものかがわかることです。
様々な国の人の文法の使い方や、アクセントなどが収録されており、『こういう話し方、文章の作り方をしたら採点が低く、または高くなるんだな』ということが、具体的にわかってくるのです。

他の対策本だと、スピーキングの参考音声は、最高レベルのものしか収録されていないことが多いです。
もしくは、すべてネイティブスピーカーが話していたりします。
これだと、目指すべき発音レベルは分かれど、自分の今の発音レベルの参考値になる音声がなく比較できないのです。

以上の点から、TOIEC SWテストを初めて受験するあなたにとっては必須の対策本となります。
まずここから入りましょう。

『頂上制覇 TOEICテスト スピーキング/ライティング 究極の技術』

これは、あなたが初受験でも、何回か受験していてもオススメの対策本です。
オススメするポイントは2点です。

対策本としてとても丁寧な構成である

抽象的ですが、この対策本はとても丁寧な構成になっています
数多くの本で対策してきた私にとって、かゆいところに手が届く、そんな詳細な作りだと思いました。
これが初心者でも安心して取り組めると断言する理由です。

それぞれのパートにおいて、この対策本の構成は以下のようになっています。

  • 問題形式の説明
  • 採点・評価基準
  • 解答時のコツ
  • サンプル問題と解答例
  • ポイント解説
  • 実践トレーニング

この構成の中で、特に最後の実践トレーニングでは、それまでインプットしてきたことを正しく試せるような作りになっています。

まるで教室で、先生がガイドをしてくれているような流れなのです。
よくパーソナルトレーニングのジムでは、自分の筋トレが正しくできているのか確認・指導してくれますよね。

本なのに、丁寧にやれば、まるでそれを連想させるようで感激しました
この実践トレーニングを正しくやりこむことで、得点が上がる正しい解答の仕方を見つけることができます。

暗記できる語彙や表現の紹介が豊富

TOEIC SWテストで高得点を狙うには、語彙の知識、表現の幅広さがとても重要です。
この対策本は、語彙や表現が豊富に紹介されています。

例えば、ライティング『Respond to a Written Request』のパートでは、フレーズ集として、27個ものフレーズが紹介されています。
以下は、フレーズ集の一例です。

『問い合わせる』

  • Can you tell me~?
  • Is it possible for me to do~?
  • Please tell me about~

対策だけでなく、単語帳の要素も併せ持っているのです。
これらを暗記してしまえば、高得点も狙えるでしょう。

実践・練習問題の数が豊富

最後のオススメポイントは、練習問題の数が豊富だということです。
特にスピーキングの『Express an Opinion』などの意見を述べる問題において、22個もの予想問題が用意されているので、それぞれ自分がどう思うか、考える練習が可能です。

以下は紹介されている予想問題の一例です。

仕事・職場に関する予想問題

  1. The age of retirement should be raised to 70.Do you agree or disagree?
  2. The number of female managers is increasing. Is this a good thing? Why?
  3. Would you like to work overseas longterm?Why?Why not?

予想問題の数が多く時間はかかりますが、これらをあなたが真剣に取り組むことで、どんなトピックでもすぐに意見を発信することができるようになるでしょう。

【TOEIC SW】オススメの対策本2冊【分野別】

上記2冊の対策本を終えて、まだ時間に余裕がある、苦手な分野がある、というあなたにおススメの2冊をご紹介します。

  1. TOEIC(R) SPEAKING テスト問題集
  2. TOEIC(R) WRITING テスト問題集

の2冊です。

どちらも、前述した『頂上制覇 TOEICテスト スピーキング/ライティング 究極の技術』の著者、ロバート・ヒルキさんという方が執筆した本です。
したがって、参考例文や問題の量が多いという共通点が見られますが、あなたが取り組んだ分だけ、あなたの得点はあがっていくでしょう。

以下に、それぞれの特徴をご紹介します。

【スピーキングを強化対策】TOEIC(R) SPEAKING テスト問題集

スピーキングを強化したいあなたにはこれをおススメします。

音声が無料ダウンロードできる

こちらの本は、音声が無料ダウンロード形式になっています
あなたのスマホや音楽プレーヤーにダウンロードすれば、通勤や仕事の休憩時間のスキマ時間など、場所を気にせずどこでもリスニングや発音の練習ができるのです。

CD形式になっている対策本と比較すると、とても便利ですね。

日本人が間違えやすい発音・イントネーションの矯正

前述した総合対策本よりも丁寧に、かつ、日本人が間違えやすい発音やイントネーションを踏まえた例文を紹介しています。
そのため、これらをしっかり読み込み練習することで、効率的にTOEIC S/Wテストに必要なワザを身に着けることができます。

本番の取り組む姿勢まで指導してくれる

初めて受験する人に向けて、本番の環境下で予想されること、それについての精神的なアドバイスまで記載してあります。

例えば

  • 他の人の声が気になってしまうのはわかるが、そこで決して焦ってはいけない
  • 無理にたくさん難しい単語を並べる必要はなく、もし思い浮かばなければ簡単な単語を組み合わせよう

などです。

もしあなたが初受験なのであれば、本番環境が通常のTOEICと異なるので不安ではありませんか?
私は初めてのとき、まさしく上記の事柄が気になってしまって、うまく自分の画面に集中できなかった苦い思い出があります。
この本を最初に読んでおけばよかったと後悔するほどです。

このことを知っておくだけでも、無理に表現を広げようとしたり、他人の発音の良さが気になって集中できない・・・といった失敗を防ぐことができるでしょう。

【ライティングを強化】TOEIC(R) WRITING テスト問題集

ライティング対策にオススメなのは以下の本が最高です。

日本人が間違えやすい文法の紹介

まず、ライティングで特に日本人が間違えやすい文法のミスについて言及しており、気を付けるように促しています。
例えば、以下のような気を付けるべき文法が紹介されています。

  • (×)There is a man and a woman.
  • (○)There are a man and a woman.

このほかにも、日本人が英文を英語で考えず、日本語で英訳するときに間違えやすい文法などもふんだんに盛り込まれています。
スピーキングより、ライティングでは文法や使っている語彙が正しいのかどうか、という点がより厳しくチェックされます。

あなたが文法に不安があるなら、真剣に取り組んでみましょう。

見直す点や注意すべきポイントがわかる

ライティングはスピーキングとは異なり、時間によっては自分の文章を見直したりすることができます。
その時に、効率的に得点アップを狙う為の見直し・注意するポイントを教えてくれます。

例えば、『Respond to a Written Request』では以下のような注意ポイントが記載されています。

    • 丁寧語を使い分けよう
    • 体裁にも気を付けよう
    • 送信者と受信者の関係を間違えないようにしよう

それぞれの設問でのポイントが紹介されています。
ケアレスミス防止に役立つでしょう。

TOEIC SWも単語力が命!オススメの単語帳

TOEIC SWテストにも単語力は必須です。
なぜなら、ある単語が分からないせいで、質問の意図が理解できない・・なんていうケースがよくあるからです。

私がおすすめする単語帳は、『特急シリーズ』です。
このシリーズには、純粋に単語帳であるものや、1ページに1題形式のものなど様々な種類が出版されています。

本のサイズも文庫本のサイズで、音声もダウンロード形式なので、通勤通学の時間帯でも活用できるでしょう。
シリーズの中でも、特に私が得点アップを実感した2冊をご紹介します。

  1. TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
  2. 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ

純粋に、語彙を増やしたいというあなたにオススメです。
1ページに10個の単語が、穴埋め形式で出題されるので、現時点でのあなたに必要な語彙を覚えることができるのです。
『この単語はもう知っているのになあ・・』といった既視感も感じなくて済みます。

また、1つの単語は短い文章で出題されているので、その文章で覚えましょう。
記憶の定着に繋がる効率的な単語帳です。

新TOEIC test文法特急 1駅1題

通常の単語帳の形式では飽きてしまう、または文法も一緒に強化したいというあなたにはこちらが向いています。

1ページごとに1題、TOEIC L&Rテストのパート5の形式で文法問題が出題されます。
文法力も単語力も一緒に鍛えることができる、一石二鳥の1冊です。
こちらも、問題文ごと覚えてしまうことで、記憶の定着ができるでしょう。

あなたの性格や勉強スタイルで、どちらかを選んでください。
どちらもレベルごとに章が分かれているので、あなたのレベルにあった対策ができます。

TOEIC SWの対策本まとめ

以下に、紹介した対策本のまとめを書きます。

TOEIC SWの対策本まとめ
  1. 総合対策本をさがしているあなたにオススメ!
    • 『TOEIC スピーキングテスト/ライティングテスト 公式ガイド』
    • 『頂上制覇 TOEICテスト スピーキング/ライティング 究極の技術』
  2. 分野別に強化したいあなたにオススメ!
    • スピーキング対策:『TOEIC(R) SPEAKING テスト問題集』
    • ライティング対策:『TOEIC(R) WRITING テスト問題集』
  3. 語彙力を増やしたいあなたにオススメ!
    • 特急シリーズ:『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)』
    • 特急シリーズ:『1駅1題 新TOEIC TEST文法特急』

いかがでしたでしょうか。
私が使ってみて、とてもいいつくりになっていると感じた対策本6冊をご紹介しました。

スピーキングもライティングも、現代の国際社会の中では極めて大切なスキルになることは間違いありません。
これらの本をとおして、あなたが、目標スコアを突破することを祈っています!

なおTOEIC SWで目標スコア必達の勉強法について、以下の記事で詳しく解説しています。
合わせてご覧になってくださいね。

TOEIC SWで目標スコア必達の勉強法5選【350点の私が解説】TOEIC Speaking and Writing tests(以下TOEIC SW)の受験に興味がある、または会社から受けるように言...
ABOUT ME
s2a2k2i3
s2a2k2i3
はじめまして。 【過去の職業】 予備校講師、児童英語講師、IT系の会社でwebマーケティングなどを経験。 【趣味】 カラオケ・読書・神社めぐりなど。 【資格】 実用英語技能検定試験準1級 TOEIC公開テスト920点 【性格】 動物と子どもが大好き。常に癒されています。ひとりでまったりする時間も大切にしています。
おすすめの記事