フリーランス

マクラメ編みの「簡単なタペストリー」の作り方を動画と画像を交え解説!

手軽にお部屋の雰囲気を変えられるマクラメ編みのタペストリーって素敵ですよね。

でもマクラメ編みのタペストリーって難しそう。。
簡単な作り方を教えてほしいです!

私も初めはこんな複雑なものを編めるかしらって、思いましたよ。

今回は初心者さん向けに、マクラメ編みの「簡単なタペストリー」の作り方を、動画と画像を交えて解説します。
この記事をお読みになると以下のことがわかります。

  • マクラメ編みでタペストリーを作る際におすすめのロープ
  • タペストリーを作る際に用意するもの
  • マクラメ編みの「簡単なタペストリー」の作り方
  • タペストリーのアレンジ方法
マクラメ編み歴2年。とにかく編むことが大好きなマクラメ作家の私がお伝えします。

マクラメ編みのタペストリーにおすすめのロープ

マクラメ編みでタペストリーを作る際、ネットショップでも「マクラメ編み ロープ」などで検索すればたくさん検索結果がでてくるので、購入する際に迷うことはあまりないかもしれません。
ここでは少しだけ詳しく、私の実体験からおすすめのロープについて解説します。

ロープのサイズの比較

今回は3種類のロープ(紐)を比較してみました。
同じ種類のロープがなく形状が違いますが、同じ編み方をしても大きさや雰囲気が全く違うのがおわかりいただけるかと思います。

私の実体験からですが模様が細かいものほど細いロープ、あまり模様がないものは太めのロープが良かったです。

もちろん、自分の作りたいデザインや飾りたいお部屋の雰囲気によっても変わってくるので一概には言えませんが、私がマクラメ編みでタペストリーを作りやすかったのは3mmのロープだったので、今はそればかり使っています。

太めのロープで作り始めたら、思いの他ゴツい印象で後悔してしまった場合、ロープを解いて細い紐状にして編む裏技もあります。ただロープによっては糊がついていて、うまくほどけない場合もあるので注意してください。

タペストリーを作る際におすすめのロープ

柔らかいロープであれば編みやすいというのはもちろんですが、ロープの落ち感が綺麗に見え、編み終わりにフリンジを作る場合はフワッとして柔らかい印象になります。
どちらかと言うと暖かい印象を受けます。

硬めのロープ(麻紐など)はロープが硬い分、力も必要になるので慣れるまでは少し編みにくく感じるかもしれません。
しかしロープ自体が締まっているので、透け感のある模様を編むと編み目がはっきりしてとても綺麗です。

どんなデザインでどんな場所に飾るのか、暖かい季節には麻紐、寒い季節にはコットンロープなど季節によって使い分けても良いかもしれません。


マクラメコード3mm x 220ヤード

作るのに必要な材料

マクラメ編みで必要な材料をご紹介していきます。
ビックリするくらい少ないので、手軽に始められるのではないでしょうか。

揃える材料は2つ

揃える材料はたった2つです。

  1. ロープ(紐)
  2. 棒(流木)

自宅にある物でも作れます

初心者さんでとりあえず挑戦してみたいという場合は、自宅にあるもので作ることもできます。
マクラメ編みは紐状であれば作ることができるので、専用のロープがなくてもガーデニング用の麻紐でも作ることができます。

また、着れなくなったTシャツを紐状に切って、Tシャツヤーンを作る方法もあります
家族全員のTシャツを集めてカラフルなタペストリーも素敵ですね。

私が初めてTシャツヤーンを作った際、切り口が丸まらずただの細い布になってしまったのですが、綿混で伸縮性のあるTシャツだと綺麗にクルンとなりました。

棒ですが小さいタペストリーであれば割り箸でもできます
細くなっていく部分から切って切り口をヤスリで削ってなめらかにしたり、危なくないようにカバーできればOKです。
私が割り箸を使う際は四角ではなく丸い割り箸を使っています。

【マクラメ編み】簡単なタペストリーの作り方

平結びと左右結びの2つの結び方がメインになるので、初心者さんでも簡単に作れます。

まずは編み方から解説していきます。
その前に動画で説明いたしますので、全体の流れをつかんでおいてください。

平結びの編み方

右平結びと左平結びで編みますが、左右どちらから編むかの違いだけで基本的な編み方は同じになります。

右平結びの編み方です。

①芯紐が2本、結び紐がa、b2本で計4本を使って編んでいきます。

②結び紐bを芯紐の上を通り、結び紐aの下に通します。

③結び紐bはそのままで、結び紐aを芯紐の下を通して芯紐と結び紐bでできた輪の中から上に出します。

④均等に引き締めます。

左平結びの編み方です。

⑤結び紐aを芯紐の上を通り、結び紐bの下に通します。

⑥結び紐aはそのままで、結び紐bを芯紐の下を通して芯紐と結び紐aでできた輪の中から上に出します。

⑦均等に引き締めます。

左右結びの編み方

2本で編んでいきますが、きつく編んでしまうと編み目が跳ねてしまうので少しゆるめに編んでいきましょう。

①結び紐bを結び紐aの手前から奥に一周させます。

②結び紐bを輪の中、奥から手前に引き出します。

③引き締めます。

④結び紐aを結び紐bの手前から奥に一周させます。

⑤結び紐aを輪の中、奥から手前に引き出します。

⑥引き締めます。

ひと結びの編み方

編み終わりに結んでいきます。
画像では結び紐aを芯紐にしていますが、バランスを見て決めてください。

結び紐bを結び紐aの手前から1周させて手前に出し、輪の中に入れて引き締めます。

マクラメ編みでタペストリーを編んでみよう

ロープ180cmを30本(太さは3mmのものを用意しました)と棒(45cm)を用意します。
出来上がり寸法は縦が約45cm、横が約28cmです。

1本のロープを半分に折って合計60本のロープを編んでいきます。
4の倍数(ロープの本数が16本で編む本数は32本など)で作れるので、もう少し小さめで作りたい場合など本数を調整してください。

棒にロープを結んでいきます。
30本全て結んでください。

平結びは左側から編む場合は中心に向かって右平結び、右側から編む場合は中心に向かって左平結びを編んでいきます。

①1段目から3段目は端から4本とり編み始めますが、2つ目を編む際に今編んだ4本のうち2本と新しい2本を使って平結びをしていきます。
中心は左平結びでも右平結びでもどちらでもやりやすい方で良いです。

②4段目から都度新しい4本を使って平結びを編んでいきます。

③5段目は端の結び紐2本をよけて編んでいきます。

6段目は4段目と同じように端から4本ずつ編んでいきます。

⑤7段目から9段目は1段目から3段目と同じように編みます。
⑥10段目は左右結びを左右を1つと数えて5目編んでいきます。
⑦最後にひと結びをしていきます。
⑧好みの長さに紐はしを切りそろえて、ロープをほぐして完成です。

ロープをある程度ほぐした後に、櫛を使うと綺麗にほぐせます。あまり目の細かい櫛を使うとからまることがあるので、目の荒い櫛を使うか様子を見ながらほぐしてくださいね。

マクラメ編みタペストリーのアレンジ方法

壁に飾るタペストリーはとても素敵ですが、壁一面に飾るわけにもいかない場合使い方をアレンジしてみましょう。

カフェカーテンの代わりに

カフェカーテンと書いてしまうととてもおしゃれに聞こえますが、私の家ではキッチンにある小さな窓の目隠しに使っています。
完全に日を遮ることもなく、きちんと目隠しはしてくれるのでとても重宝しています。

小さく作ってアクセサリーに

ロープではなくマクラメ糸や刺繍糸などで小さく作って、アクセサリーパーツをつければピアスやイヤリングなどのアクセサリーになります。
軽くて耳に負担をかけることもなく、簡単にオリジナルのアクセサリーを作ることができます。

なお、マクラメ編みブレスレットの作り方については、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさって下さい。

簡単に作れる!マクラメ編みブレスレットの作り方を動画付きで解説マクラメ編みのブレスレットを自分で簡単に作れたら素敵ですよね。この記事では、マクラメ編みのブレスレットの簡単な作り方を動画と画像を交えて解説します。同じ結び方で繰り返し編んでいくだけなので初心者さんでも本当に簡単に作れますよ。ぜひ挑戦してみて下さい!...

観葉植物も飾れます

マクラメ編みでタペストリーを作る際に、少し編み方をアレンジするだけでハンギングタペストリーに変身です。
土のいらないエアープランツなどであれば何も気にせず緑も楽しめます。

手軽に簡単に楽しみたいあなたに

初めて挑戦するあなたや、挑戦はしてみたいけど不安があるあなたにはこちらがオススメです。

マクラメタペストリーキット

マクラメ編みのタペストリーキットがあれば、ロープや棒、作り方の説明書までセットになっているので初めて挑戦するあなたやとりあえず始めてみたいあなたにオススメです。
自分で用意するものはハサミやメジャー、固定するテープだけなので準備に手間もかからず気軽に挑戦できます

100円均一でお得に作る

お得に作りたいというあなたには100円均一で材料を揃えるのがオススメです。
手芸コーナーにある紐や荷造り用のロープ、工作用の棒など使える材料がたくさんあります。
ロープに限らずコットン糸やデザインによっては毛糸も使えるので選ぶのが楽しくなりますよ。

お得に揃えることができる100円均一ですが、巻数が少ないこともあるので大きめのタペストリーに挑戦する時などロープの巻数など確認していくつ必要か確認をしましょう。

【マクラメ編み】簡単なタペストリーの作り方まとめ

ここまでマクラメ編みで簡単に作れるタペストリーについて解説してきました。

まとめ
  • デザインや作るものによってロープを変える
  • 必要な材料を2つ用意するだけでタペストリーは作れる
  • 1つ作れるようになると使い方次第でたくさん楽しめる

デザイン、編み方によっては時間もかからず作れるので気軽に挑戦できるのではないでしょうか。
壁に飾るだけではなく、使い方もアレンジできるのでより楽しめます。

作っている途中のワクワクも完成した後の達成感も、お部屋に飾った時の満足感もハンドメイドならではです。
簡単に挑戦できるマクラメ編みのタペストリーでお気に入りの空間を演出してください。

なお、マクラメ編みの習得におすすめの本を以下の記事で紹介しています。
さらに勉強したいあなたはご覧になってください。

マクラメ編みの習得におすすめの本7選|本とセットのキットもご紹介マクラメ編みの本は沢山あって迷ってしまいます。あなたが初心者なのか経験者なのかで選ぶ本も変わってきます。そこで初心者から上級者それぞれに合った本をご紹介します。また作りたい物(タペストリー・アクセサリー・バッグ)に合わせた本もチョイスしたのでご参考にどうぞ。...
ABOUT ME
aiyi
aiyi
2児の母。とにかく何でも作ってみたい。クオリティは置いといてやってみるがモットーです。失敗、挫折を繰り返しながらも毎日何かしら作っています。うまいか下手かは気にせずに、ハンドメイドやとりあえず挑戦してみることの楽しさを伝えられたらなと思っています。
おすすめの記事