転職

リクルートエージェントの費用は誰がいくら払う?利用するデメリットは?

転職活動は人材紹介会社を利用すると効率よく進めることができます。
リクルートエージェントは多くの求職者に利用されている人材紹介会社の1つです。

リクルートエージェントを利用するにあたって、費用はかかるの?

あなたもそんな疑問をお持ちのことでしょう。
結論を言うと、リクルートエージェントを利用するにあたって求職者のあなたが費用を負担することはありません。

からくりはどうなっているのでしょうか。。
あなたを採用する企業がリクルートエージェントに、なにがしかの費用を払うのです。

本記事ではリクルートエージェントの利用に際し、費用がかからない理由や無料で利用するメリット、デメリットを解説します。

人材紹介会社で勤務経験のある私がご説明します!

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント利用時の費用


リクルートエージェントを利用するにあたって、あなたが支払う費用は「0円」です。

あなたが支払う費用は0円

あなたは「0円」でリクルートエージェントの提供するサービスを受けることができます。
リクルートエージェントは、求職者に下記のサービスを提供しています。

リクルートエージェントのサービス
  • キャリアアドバイザーとの面談・希望のヒアリング
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 求人の紹介
  • 企業への応募
  • 面接日程調整
  • 企業からの面接のフィードバックの連絡
  • 給与交渉
  • 入社日交渉

上記のようなサービスの利用料は無料です。
ただし、キャリアアドバイザーとの面談にかかる交通費や、有料のセミナー等に参加する場合は別途費用が発生しますのでご注意ください。

リクルートエージェントが儲けるしくみ

さて、ではなぜあなたは無料でこんなに多くのサービスを受けることができるのでしょうか。
理由は、人材紹介会社のビジネスモデルにあります。

リクルートエージェントのような人材紹介会社は、人材を募集する企業から「紹介料」をもらっています
紹介料の相場はだいたい、一般のサラリーマンで想定年収の30〜35%になります。

例えば、想定年収500万円で紹介料が35%の契約で計算してみましょう。

【想定年収】500万 × 【紹介手数料率】35% = 【紹介料】175万円

人材紹介会社は1人紹介することで175万円の紹介料をもらうことになります。

こういったビジネスモデルのため、あなたは無料で様々なサービスを受けることができるのです。

\あなたが支払う費用は0円/

リクルートエージェント 公式HP

求職者が無料で利用するメリットとデメリット

無料と聞くと嬉しい反面、「本当に大丈夫なの?」と思いませんか?
リクルートエージェントを利用する上での、求職者にとってのメリットとデメリットについてもみていきましょう。

無料で利用するメリットまとめ
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 模擬面接をしてもらえる
  • 応募先企業との細かいやりとりをしてもらえる
  • 転職サイトよりも内定率が高い

費用を気にせず転職活動ができる

まずメリットとして挙げられるのは、費用を気にせずに転職活動ができる点にあります。

費用が無料というのは素直に嬉しいですよね。
お金の心配をしなくていいので、転職活動に集中できます。

もちろん転職に成功しても、あなたは成功報酬を払うこともありません。
最初から最後まで受けるサービスにお金は一切かからないのが最大のメリットです。

面接対策をしてくれる

面接対策をしてくれることも、リクルートエージェントを利用する上でのメリットです。

自分一人ではどうしても対策に限界があります。
なぜなら、転職活動における面接は少し特殊だからです。

例えば、新卒採用では、学生時代に頑張った部活やアルバイトのことをアピールし、その企業に対する志望理由や熱意を伝えることが面接でした。

しかし、転職活動となると、あなたの実務経験について問われます。
リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、あなたの実務経験におけるアピールポイントを一緒に考えてくれます。

また、志望や退職の理由についても、伝え方のアドバイスをもらえます
自信を持って面接に挑むためにも、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに協力してもらうといいでしょう。

採用が厳しめになりやすい

一方で、企業によっては採用が厳しめになる場合があります。

一般的なサラリーマンの場合、募集企業は1名採用が決定すると、人材紹介会社に想定年収の30〜35%の紹介料を払わなければなりません。
潤沢に採用資金がある企業は別として、想定年収の30〜35%というのは大きな金額ですよね。

そういった理由から、採用する企業側としてはどうしても慎重になり、書類選考や面接も厳しめになりやすい傾向にあります。

求人を紹介してもらえないことがある

先述の通り、募集企業にとっては、リクルートエージェントのサービスは有料になります。
採用活動の費用をなるべく抑えたいと考える企業も存在します。

費用をなるべく抑えたい企業はどのように採用活動を行っているの?

そのような企業は、ハローワークや直接応募のみ受け付けているケースがあります。

直接応募というのは、企業のHP等の採用ページからあなた個人が直接企業に応募することを指します。

そのため、例えあなたの希望する企業が人材を募集していても、リクルートエージェントから求人を紹介してもらえないということが起こり得ます。

つまり、ハローワークや直接応募の求職者に採用条件に合う求職者がいた場合は、手数料がかからないので、リクルートエージェントの求職者より優先されることがあるのです。

転職を急かされることがある

実はその他にも、リクルートエージェントを通すことによって考えられるデメリットがあります。
転職を急かされることがある、ということです。

急かされるってどういうこと?

リクルートエージェントのような人材紹介会社を利用する場合、求職者であるあなたに専属のキャリアアドバイザーがついてくれます。
キャリアアドバイザーは、あなたの転職活動が成功するまであなたをサポートしてくれる存在です。

しかし、リクルートエージェントはボランティアでサービスを提供しているわけではありません。
営利企業のため、あなたを募集企業に入社させることで紹介料を得ています。

当然キャリアアドバイザーには、転職を成功させる人数や紹介料の金額など、ノルマや目標があります

キャリアアドバイザーもこんなことを考えます。
「今月もノルマを達成したい」
「早く意思決定させるにはどうしたらいいかな」

キャリアアドバイザーは、もちろんあなたに親身になって求人を紹介したり、応募書類の添削や対策をしてくれることでしょう。
一方で、ノルマ達成のため、あなたの転職活動や意思決定を急かしてしまう可能性があります

公式サイト:https://www.r-agent.com/

募集企業がリクルートエージェントを利用するメリットとデメリット


なぜ、募集企業は高い費用を払ってリクルートエージェントを利用するのでしょうか?

費用対効果が大きい

一番の理由はやはり、欲しい人材をピンポイントで採用でき、結果、他の採用方法よりも費用対効果が大きくなる点にあります。
転職サイトや新聞、情報誌に求人を掲載する場合と比較すると、大きな違いになります。

募集企業にとってのメリット
  • ピンポイントでの採用が可能
  • 採用担当者の業務効率化
  • 転職サイトよりも費用対効果が大きい場合がある

転職サイトに掲載すると、週何万円という費用が発生します。
たとえ応募者が0人であっても。

ですが、リクルートエージェントは成功報酬型なので、実際にあなたが入社してから費用を払えばよいので効率的です。
転職サイトへの掲載や編集、応募者個人とのやりとり、採用担当者の人件費や業務量を考慮すると、リクルートエージェントを利用するほうが費用対効果が大きいのです。

早期退職されると高コストとなる

これまで費用の話をしてきましたが、企業側のデメリットはやはり、費用面になります。
紹介料の相場が30〜35%ですから、想定年収によっては相当な金額になります。

仮に、入社してすぐに辞められてしまっては、採用と教育のコストが高くつきすぎてしまいます

万が一、入社後すぐに退職してしまった場合、企業がリクルートエージェントに支払った紹介料はどうなるの?

実は、人材紹介会社と企業間では退職時期に応じた返金規定というものがあります。

数値はあくまでも例ですが、返金規定はこのように「退職時期」と「紹介料の返金率」が定められています。

退職時期 紹介料の返金率
1ヶ月以内 80%
2ヶ月以内 50%
3ヶ月以内 30%

人材紹介会社と企業間によって契約内容は異なりますが、紹介手数料の一部を返金することによって、早期退職の場合の保障をするということになります。

求職者は、早期退職を繰り返してしまうと紹介元であるリクルートエージェントにとっても、あなたの履歴書にとっても良くない印象がついてしまうので注意が必要です。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと入社前にしっかり条件や仕事内容のすり合わせをしてくださいね。

\あなたが支払う費用は0円/

リクルートエージェント 公式HP

リクルートエージェント利用時の費用まとめ

あなたがリクルートエージェントを利用する場合、費用は無料です。
なぜでしょうか。
それは、募集企業が採用の成功報酬としてリクルートエージェントに紹介手数料を支払うから。

それによって、リクルートエージェントはしっかり利益を得ているので、あなたから費用をもらう必要が無いのです。
あなたが無料でリクルートエージェントを利用するメリット、デメリットは何でしょうか。

メリット
  • 費用を気にせず転職活動ができる
  • 面接対策をしてくれる
デメリット
  • 採用が厳しめになりやすい
  • 求人を紹介してもらえないことがある
  • 転職を急かされることがある

お分かりのようにリクルートエージェントはあなたに対して多くのサービスを無料で提供しています。
転職活動を始める際は、ぜひ登録して活用してみてください。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

なお、リクルートエージェントの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞご参考になさって下さい。

リクルートエージェントの評判|おすすめの人や断られる理由を確認!リクルートエージェントはどんな評判なのでしょうか。登録する前に確認しておきたいものです。そこで今回はリクルートエージェントの評判を検証し徹底解説します。それを踏まえ、リクルートエージェントがおすすめの人や求人紹介を断られる理由についてもお伝えします。...
ABOUT ME
Natsu
Natsu
人材紹介会社にてキャリアコンサルタント約4年、事業会社の人事部にて人事採用・教育担当を約2年半経験。私の経験がどなたかのお役に立てると嬉しいです。
おすすめの記事