フリーランス

イラストレーターは副業と本業どちらがいい?【ヒント:リスクヘッジ】

本業や副業でイラストレーターとして働く人は年々増加傾向にあります。
近年は、一般雇用からフリーランスまで働き方が多様化しており、自分にあった働き方を見つけては楽しみながら創作活動をしている人は少なくありません。

しかし華やかな肩書きとは裏腹に、収入に不安を抱えながら日々の生活を送っているイラストレーターが多いのも現実。
せっかくやりがいのある仕事を見つけても、まともに食べていけないなら少々考えものですよね?

ここでは、イラストレーターとして成功するための対策を副業と本業に大別してご紹介していきます。

イラストレーターは副業と本業のどちらがいいのか?
イラストレーターとして収入を安定化させるための具体案とは?

現役のDTPデザイナーでありイラストレーター経験のある私がレクチャーしますので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね!

イラストレーターは副業と本業のどちらがいい?

結論から言うとイラストレーターの場合、収入の面でリスクヘッジのできる副業の方がおすすめです。

イラスト市場は昔から需要が高く、特に現代は競合するライバルが急増しています。

そのため、本業イラストレーターとして職を1本化してしまうと、収入源が少なくなってしまう可能性があるのです。

もちろん、上手に自分を売り込んで収入源を確保できる人は別ですが、それができない場合は別の職と掛け持ちする兼業イラストレーターになるのが得策です。

逆に、イラスト業務とは別に本職を持つ副業イラストレーターの場合は、収入源を複数持つことで本業の収入が減ったとしても副業でカバーできるのです。
ただし、副業イラストレーターも仕事が取れなければ成り立ちません。

副業イラストレーターを続けるには、継続案件の取れる顧客を持つことが条件になるので注意しましょう。

イラストレーターは副業・本業に関わらず、収入を安定化させるための工夫が必要なのです。

【副業/本業別】イラストレーターとして成功するための対策

はじめに、イラストレーターとして成功するための一つの対策をご紹介します。

ここでは、本業イラストレーターと副業イラストレーターの2つに分けて解説しますので、あなたの創作活動の参考にしてみてください。

【副業イラストレーター向け】本業へ転身するなら営業活動を徹底する

あなたが現在副業イラストレーターで、将来本業イラストレーターとして活動したいなら、クライアントを獲得するための営業スキルを底上げしましょう。

冒頭にも述べましたが、本業イラストレーターの場合は、仕事を確保する高い営業力がないと食べていくことはできません。

一番の理想は、インターネットを駆使してグローバルに自分の実力をアピールし、3社以上の取引先を獲得することです。
もちろん、オンラインに限らず直に営業する形でも問題ありません。

もしあなたに営業経験がないなら、顧客確保のためのツールとしてクラウドソーシングの活用をおすすめします。
クラウドソーシングを利用するには、一定の手数料がかかりますが、一般の営業職のように毎日骨の折れる営業活動をする必要がありません。

クラウドソーシングでも、企画の提案など最低限の営業活動は必要になりますが、一般の営業職に比べて自分にマッチした仕事を得られやすい特徴があるのです。

また、ソーシャルゲームのキャラクターデザインに限定されますが、イラストレーター専用のクラウドソーシングもあります。

もしあなたがゲームのキャラクターデザインをしたいなら、パンダグラフィックスなどの専門サイトへ登録してみてみましょう。

このような特化型のクラウドシーシングでは、仕事の受注だけでなく、キャラクターデザインのプロから直接指導が受けられる利点もあります。
キャラクターデザインの実力が上がると収入アップのチャンスも得られますから、積極的に取り組んでみてください。

尚、各クラウドソーシングの詳細については、下記のページを参照してください。
こちらのページでは、イラストレーターの副業をしたい人向けに記事が書かれていますが、本業イラストレーターを目指すあなたにも役立つ情報が紹介されています。

イラストレーターを副業でやってみる!9種類の仕事で稼ぐ方法を解説昔も今も変わらず人気の高い職業「イラストレーター」。近年はクラウドソーシングやスキルサイトを活用し、独自の作品や絵を描くスキルを提供して...

【本業イラストレーター向け】副業で副収入を得よう

次に、本業イラストレーターにおすすめの副業についてご紹介します。
副業全般に言えることですが、副業選びのポイントは時間の制約が少なく、本業に影響が出にくい職業を選ぶことです。

副業は人によって合う・合わないがありますから、どんな仕事が自分に合っているかじっくり考えてみましょう。

在宅ワークを副業にする

本業への影響が少なく、比較的自由な働き方ができるとして人気なのが在宅ワークです。
在宅ワークを検討するときは、できるだけ本業と繋がりのある職種を選ぶのがベストです。

イラストレーターであればデザイン職など、自分に近い位置にある職種であればストレスなく働くことができます。

それ以外にもWebライターやデータ入力など、情報収集や文字入力をする仕事を検討してもよいでしょう。
在宅ワークも以下のように千差万別ですので、あなたにあった仕事を探してみてくださいね!

  • Webデザイン
  • プログラミング
  • Webライター※クラウドワークスランサーズで実績を積むとよい
  • データ入力
  • ネットショップの運営
    • BASE ※3つの項目を埋めるだけでオリジナルショップを開設
    • STORES ※最短2分でネットショップをつくれる

また、仕事を探す際は副業イラストレーターと同様、クラウドソーシングを活用すると良いです。
クラウドソーシングの活用は、本業イラストレーターの副業選びにも大いに役立ちますので、メジャーであるクラウドワークスランサーズ、手数料が安いBizseek、主婦向けの在宅ワーク支援サイトママワークスなどへ登録してみてください。
イラストの依頼のお仕事を見つけられます。

ネットショップの運営も選択肢に入れます。
作品をご自身のネットショップ上で販売するのです。

有名どころでは、BASESTORESがあります。
登録の順番通りに入力するだけであっけなくご自身のネットショップが開設できるので、ぜひ挑戦してみてください。

どんなことでもやってみないと分かりません。
迷っていても未来は今と変わりませんよ。
即行動する人だけが夢をつかむのです。

また、ライティング特化型在宅ワークのサグーワークスでは、プラチナライターテストに合格すると文字単価1円以上の案件を請けられるようになります。

腕試しにテストを受けてみると良いですよ。
合格できたら、クラウドソーシングでも実績としてプロフィール欄に書いておけば、高単価案件を受注できるようになります。

あと、Webライティングを書籍で勉強されたい方は、業界でベストセラーの下記3冊をおススメします。
この3冊はプロのWebライターで知らない人はいないくらい有名な本です。

在宅ワーク以外の副業

本業イラストレーターをしながら、在宅ワーク以外で副業を見つけることもできます。
あなたが普段じっと屋内にひきこもることが多く、たまには外の世界で働いてみたいと感じる場合は検討してみましょう。

在宅ワーク以外で働く場合、フリーランスのお仕事を選ぶと時間の制約や本業への影響が少ないです。
例えば「フードデリバリーサービス」menu(メニュー)さんの場合は、あなたが個人事業主としてmenuさんと契約し配達パートナー登録をします。(※具体的な内容はmenu(メニュー)公式ページにてご確認ください)

あなたがたまたま時間が空いた時に、フードデリバリーのお仕事をすればよいのです。
自転車で配達のお仕事をすれば、日ごろの運動不足を解消できるので、一石二鳥ですよ。

【在宅または対面】シェアリングサービスの副業

最近では、シェアリングサービスの副業が浸透してきています。
タイムシェアサービス【タイムチケット】は人気です。
イラストの技術を教えてもらいたい人にあなたが教えてあげるようなイメージです。

イラストの技術を教えるあなたの時間を買ってもらうのです。
対面はもちろん在宅でLINE、Skype、メール、電話などでも取引可能です。
登録は無料ですので、一度募集をかけてみることをおすすめします。

もう1つ、スキルシェアサービスココナラをご紹介しておきます。
ご自身のスキルを売っていくには、ある程度多くの場所に露出しておくことが大切です。

「ココナラ」はあなたの得意なスキルを売っていきます
イラスト、似顔絵、楽器演奏、料理、ヨガ、アロマテラピー、ハンドメイドなどなど。

その自分の強みをメールに添付して送ったり、実際に会って得意なことを指導することもできます。
スキルそのものを売ることや「タイムチケット」のように「時間」を売ることもできます。
こちらも在宅でも対面でも可能です。

最後に、イラストに特化した国内最大級のスキルシェアサービスをご紹介します。
SKIMAというサイトを覗いてもらったらわかりますが、オリジナルのイラストを個人間で売買できるサービスです。

  • menu(メニュー) ※配達パートナー
  • 【タイムチケット】 ※30分単位で個人の時間の売買ができる
  • ココナラ ※自分の得意や強みを出品して収入が得られる。オンラインのみ。登録無料、出品無料
  • SKIMA ※個人間でイラストを売買できるサイト
  • ポスティングスタッフ
  • 飲食業などであなたが経験のある職種

なお、あなたの職場が副業禁止なら、副業禁止の職場から許可を得るためのコツをまとめた以下の記事も参考にして下さい。

イラストレーターとして副業できる?副業禁止の職場から許可を得るコツ副業イラストレーターとして働いている人は、年々増加傾向にあります。彼らは様々なインターネットツールを駆使して、自分が作ったオリジナル作品...

「イラストレーターは副業と本業どちらがいい?」まとめ

イラストレーターは、副業・本業に関わらず安定した収入を得るには、継続的に仕事を得るための努力と工夫が必要です。
ここで、副業・本業イラストレーターが成功するためのポイントをおさらいしておきましょう。

  1. イラストレーターは副業・本業に関わらず顧客確保の工夫が必要
  2. 副業イラストレーターから本業へ転身する場合は営業力を底上げする
  3. 本業イラストレーターは副業で収入を上げる
  4. 本業イラストレーターにおすすめの副業
  5. 【在宅ワーク】
    • Webデザイン
    • プログラミング
    • Webライター
    • データ入力
    • ネットショップの運営
      • BASE ※3つの項目を埋めるだけでオリジナルショップを開設
      • STORES ※最短2分でネットショップをつくれる
  6. 【在宅ワーク以外】
    • 「フードデリバリーサービス」menu(メニュー)
    • ポスティングスタッフ
    • 飲食業など過去に経験のある職業
  7. 【在宅または対面】シェアリングサービスの副業
    • 【タイムチケット】 ※30分単位で個人の時間の売買ができる
    • ココナラ ※自分の得意や強みを出品して収入が得られる。オンラインのみ。登録無料、出品無料
    • SKIMA ※個人間でイラストを売買できるサイト

収入の確保が難しい世の中ではありますが、時代に合ったやり方を学んでいくと、イラストレーターとして自立するのは十分可能です。
食べていくのが厳しいからと最初から諦めるのではなく、試行錯誤しながら今後も創作活動を続けてくださいね!

なおイラストレーターを副業でする時の収入について、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

イラストレーターを副業ですると収入はいくら?【稼ぐ方法と対策】「副業でいいから、イラストレーターとして働いてみたい」 「今は別の職種に就いているが、イラストレーターとしての夢が諦めきれない」 ...
ABOUT ME
アバター
Masuko Kagawa
DTPデザイナーとして印刷会社に勤務しています。2019年で勤続年数16年。冊子やペラものなどの紙媒体の作成が得意です。このほか、イラストレーターやWebデザイナー、Webライターとしても活動中。 いたるところにアンテナを張り巡らせて世の中の動きに注目し、皆さまに魅力溢れる情報をお届けできるよう精進してまいります。
おすすめの記事